南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

『南房総は、いま被災地です』

328 views / 更新日:

私たちが住んでいる千葉県南房総では、先日の台風15号で被災地状態です。

いつもなら、南房総地域へ来てもらえるような情報を発信している当サイトですが、今回はなかなか発信出来ていない、被災状況をこの場を借りてお伝えします。

2019年9月16日更新

南房総地域の電気は、少しずつ復旧したエリアが広がってきました。
しかし倒木などで道路が通行止めになっているような山間部や海沿いなどは、未だ停電が続いています。
電気の復旧のために多くの方々が作業に来ていただいている、おかげです。ありがとうございます。

おかげさまで、SNS、テレビ、ユーチューブなどを通じて、南房総地域の被災状況を知っていただけるようになりました。
被災状況を知った方々から、多くのメッセージをいただきました。
そして全国の方々から支援物資をお送りいただき、誠にありがとうございます。

現在は、こちらのスーパーやコンビニも営業を再開し、商品が並んでいる状況ですので、食品や生活雑貨類は大丈夫です。
電気が復旧すれば、解決できる事が多いので、倒木の撤去などをより進めてもらい、早い復旧を願っています。

先日の台風15号被害により、南房総はいま大変な状況になっています。

台風が強くなった9日の夜中から停電が続いています。
気温30度を超す暑さのなか、エアコンも使えず、冷蔵庫も使えず、暑さにより体力を消耗してきています。
井戸水を汲み上げるポンプの電気が通らないので、そういう家では水も使えず。水道水も断水がおきている地域があります。
ガスは、比較的プロパンガスが多いので使えています。

電気が止まったために、9日中は市役所などからの緊急放送もストップしました。
携帯電話も、9日の午後から電波が途絶えて、情報を得る手段がなく、不安でした。
深夜にわずかに繋がるようになりましたが、電波が弱く安定しません。

住宅のほとんどが、何らかの被害が出ています。屋根瓦が飛んで雨漏りしたり、ガラス戸が割れたり、木造の古い家では柱だけになっているところも。
自動車に石や瓦が飛んできてガラスが割れたり。

電柱や木も倒れ、信号機も止まり、曲がったままになっています。

コンビニやスーパーなども営業できる状態になく休業しているところが多く、飲料・食料は調達するところがほぼないです。

被害状況でいえば、内房(金谷~鋸南~富浦)あたりが一番ひどいようです。
店舗も壊れているので、いつ復旧できるかもわからない状況です。

 この記事を書いたのは…

choco-love
choco-love
東京都中野区出身。
2016年春に夫のサーフィン好きから出産と同時に、神奈川県川崎市から南房総市に移住。初めての子育てと慣れない田舎暮らしに、1年以上悩みました。
長年してきたスイーツの企画の仕事もしづらくなり、知り合いも少なく孤独を感じることもあったときに、試しに参加してみた南房総市主催「新しい働き方講座」で、WEBライターについて学ぶ。講座で互いに学び合い、支え合う仲間と出会えたことで、ここでの生活が楽しくなってきました。

仲間から教えてもらった南房総の魅力を知る一方で、地域課題について関心が高まりました。南房総に移住してきて、都会との感覚の違いや、情報の少なさ・古さに気づき、自分たちが感じた不便さを少しでも解消できたら、きっと誰かに喜んでもらえる…。そんな思いで、『南房総ex-press』をつくりました。

-None

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.