南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

南房総・家呑みシリーズ【2】南房総レモン クラフトチューハイ

67 views / 投稿日:

旅行先などで目にすることの多い、地域限定で希少性のある地ビール(クラフトビール)やご当地チューハイ(クラフトチューハイ)。2018年5月、南房総エリアでも「南房総レモンクラフトチューハイ」が発売されました!南房総で育った「海と太陽のレモン」で造られたその味わいは?「南房総レモンクラフトチューハイ」の魅力についてお伝えします。

南房総の魅力が伝わってくる、海とレモンの優しいイラスト

これまで南房総の地ビールは販売されていましたが、ご当地チューハイは「南房総レモン クラフトチューハイ」が初めてではないでしょうか。

「南房総レモン クラフトチューハイ」 は、クラフトチューハイのブランド「寶CRAFT」のラインナップとして宝酒造株式会社が製造し、2018年5月に販売を開始しました。南房総産「海と太陽のレモン」からレモンペーストをつくり、厳選した熟成焼酎をベースに「ひとてま造り」製法で仕上げた本格チューハイなんだそうです。説明を読んだだけで期待値が上がります。

ラベルを見ると、南房総のレモンがどーんと描かれています。レモンの後ろに見えるのは南房総の海でしょうか。さわやかなイラストは、南房総の魅力を存分に表現してくれています。ボトルでグイッと飲める、おしゃれなデザインですね。

南房総産「海と太陽のレモン」のストレート果汁を使用。その味は?

「海と太陽のレモン」は南房総・鴨川市で2013年に誕生したレモンです。鴨川市は蛇紋岩というミネラル分が豊富な土壌に恵まれており、「海と太陽のレモン」は蛇紋岩からしみ出る水で育てられています。そのためコクがあり、酸味の中にまろやかさを感じられるレモンになっています。

「海と太陽のレモン」で作られた「南房総レモン クラフトチューハイ」はどんな味なのか気になります!

よーく冷やしてから、ボトルで一気飲み!…したいところですが、どんな色をしてるのか気になったのでグラスに入れてみました。透明感のある、新鮮なレモンジュースといった雰囲気ですね!

普通の缶チューハイのレモン味だと甘ったるい場合が多いのですが、「南房総レモン クラフトチューハイ」はほんのり甘い程度。レモンの香りが素晴らしく、天然アロマを感じる心地良さです。

レモンペーストとストレート果汁を使っているのに酸味が強すぎず、さわやかな味わいが印象的です。実際それほど甘くないのに、レモンの香りのおかげですっきりした甘みを感じるので不思議な気分に。甘口派にも辛口派にも受け入れられる味わいで、このバランスの良さを知ってしまうと、普通のチューハイが飲めなくなりそうです。

「南房総レモン クラフトチューハイ」 と味わいたい南房総の海の幸

どんな料理にも合う万能な「南房総レモン クラフトチューハイ」。そんなご当地チューハイと相性ぴったりな、南房総の海の幸のおつまみを季節ごとにご提案します。

春は、カツオのたたきが最適!カツオそのものはもちろん、添えられた何種類もの薬味と「南房総レモン クラフトチューハイ」のすっきり感がマッチします。

夏は断然アワビです!お刺身もいいですし、アワビを網焼きにしてバターを乗せると、こってり系とさっぱり系のコラボおつまみの完成です。

秋といえばサバ。南房総市の学校給食で出される、サバの香り揚げはいかがでしょう。柚子など柑橘類の皮をすりおろし、衣に混ぜて揚げます。香り豊かなチューハイタイムになりますね。

冬には、ぜひ金目鯛の煮付けをお試しください。おつまみには少し贅沢ですが、金目鯛の上品な甘みと、香り高い「南房総レモン クラフトチューハイ」の相性は抜群です。

まとめ

「海と太陽のレモン」は生産数が限られるため、「南房総レモン クラフトチューハイ」も多くは作れないそうです。なくなると翌年のレモン収穫を待たなければならないので、早めに味見してみてくださいね。

地元の方はもちろん、観光客の皆さんにも味わっていただきたいです。道の駅や一部のコンビニなどで販売していますので、ぜひお立ち寄りください。

【商品情報】
名称:「寶CRAFT」<南房総レモン>
原材料:レモン(南房総産)、レモンエキス、アルコール(国内製造)、焼酎、糖類/酸味料、香料
アルコール度数:8%
容量:330ml

 この記事を書いたのは…

あきのこ
あきのこ
千葉県浦安市出身。
15年ほど東京で会社員生活をし、妊娠・出産を機に退職。転勤族の夫に帯同し、2018年から南房総市で暮らしています。
場所を選ばずに転勤先でも旅行先でもできる仕事を!と、ウェブライターデビューしました。主に旅行、不動産、IT系のサイトで記事を書いています。
旅行が大好きだけど、子連れでは頻繁に旅に出られないのが最近の悩み。南房総で旅行気分を味わうため、道の駅やお土産屋さんをウロウロするのが好きです。

-グルメ
-, , , , , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.