サーフィン移住もアリ!サーフィン天国南房総

南房総の東側、太平洋に面したエリアはサーフポイントが多くあることで知られています。
南房総の波に魅せられてサーフィンがいつもできる環境を求めて移住する人も少なくありません。

南房総がサーフィン天国である理由

サーフィンをやる人には常識ですが、サーフィンができる海は限られていて、海ならどこでもできるスポーツではありません。地形や天候はもちろん、風向きや波の大きさ、潮位や気温などにもコンディションを左右されます。
南房総には多くのサーフポイントがあり、上級者から初心者まで楽しめ、自分の好きなタイプのポイントが選べます。また、気候が温暖で、夏はもちろん冬もサーフィンができるというのも大きな魅力。仕事前や仕事後に海に入るというローカルサーファーがいるのもうなずける環境は、サーファーにとって天国ともいえるかもしれません。


和田町の海辺はサーフポイントだらけ

南房総市の南東に位置する和田町の海辺はサーフィンポイントがいくつも存在します。
メジャーなポイントだけでも8カ所あり、それぞれ特徴を持っています。
和田町の中央に位置し、駐車場やサーフショップの多い「白渚(しらすか)ポイント」は国道沿いで波のチェックもしやすいので一番人気のポイント。ローカルサーファーからも愛されるポイントなので、夏や波のコンディションが良い時は非常に混雑します。のんびりサーフィンを楽しみたい人は千倉町寄りに進んだ「花籠(はなかご)ポイント」「丸山川河口ポイント」などがおすすめです。


ベテランサーファーの多い千倉町サーフポイント

和田町の西隣に位置する千倉町にもメジャーなサーフポイントがあります。その「千倉ポイント」は「南千倉海水浴場」にもなっているため、広い公共駐車場やシャワーがあり、初心者に人気のポイント。子どもと一緒に入っているパパサーファーや長いサーフボードを使うロングボードのベテランサーファーが多いのも特徴です。サーファーの移住者も多く見かけます。

サーフィン初心者が注意すること

サーフィンは海という自然の中で行うスポーツです。自然のフィールドをサーファー全員でシェアしている感覚を忘れないようにしましょう。
また、海の強い流れやテトラポッドなどパッと見ただけでは分からない危険やサーフポイントの秩序を守るローカルルールも存在します。
周囲のサーファーの様子を観察したり、そのポイントに慣れている人と一緒に行ったり、インターネットや地元サーフショップで情報を集めたりなど、サーフィンをする前の準備も大切です。

マナーを守って、楽しいサーフィンタイムを南房総で過ごしてくださいね。
サーフィン移住もあり!ですよ。

フジイ ミツコ

フジイ ミツコ

山口県出身。 フォトライター。 南房総の海辺に夫婦で移住し10年ほど。 ふたりの子どもに恵まれ、その子どもたちがつなげて広げてくれるご縁を大切に、彩り豊かな南房総ライフを楽しんでいます。 南房総の素晴らしいロケーションを活かしたフォトグラファーとしても活動中。

おすすめ