南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

南房総パン屋めぐり【1】クリケット(鴨川市)

294 views / 更新日:

「南房総にも美味しいパン屋はあるのかな?」
子供の頃から朝はパン食だった私が南房総に来て2か月経ち、出産後外出できるようになった頃に、ふと思いました。
東京や横浜、川崎にいたときは、たいてい最寄り駅の近所に数軒のパン屋があり、頻繁に利用してきました。外出先や旅行先でも美味しいパン屋がないか、事前に調べて行くほどパンが好きです。
そんな疑問と好奇心から、南房総にあるパン屋をめぐりはじめました。

アットホームな雰囲気だから通いたくなる

JR安房鴨川駅からのびる県道24号(千葉鴨川線)沿い、鴨川警察署前交差点とカインズ鴨川店の間にある住宅地に「クリケット」は建っています。
鴨川駅から向かうと、鴨川警察署前交差点を過ぎ右カーブのあと、カインズ鴨川店の手前のオレンジ色の建物を目印に、V字を描くように右折して細い道に入ります。すると、左側に「クリケット」の看板と共に店舗が見えるはずです。うっかりすると通り過ぎてしまうでしょう。私も最初に行ったときは、通り過ぎてしまいました。

どうしてもこの道に入りづらい時は、裏技があります。カインズ鴨川店の駐車場に入り、奥の出口から右に出て道なりに進み、突き当りを右に曲がると、「クリケット」にたどり着けます。

「クリケット」は、平成19年1月にこの地に開店し、伊東さんご夫婦で経営されています。以前は千葉など他で仕事していたこともあったけれど、子供が生まれて奥様の実家がある鴨川に帰ってきたそうです。製造はご主人、販売は奥様が担当され、明るい挨拶とアットホームな雰囲気に、通いたくなります。

クリケットの人気パン3つ

「クリケット」のパンは、長時間発酵で吸水が多く、2日間かけて仕込んで作られています。季節の素材や地元の野菜を使った限定品が多いため、行くたびに新しいパンに出会えることが楽しみです。

一番人気は、「ショコラ」216円で、キューブチョコレートやくるみ、クランベリーが練りこまれた、ふんわりとしたパン。チョコレートのパンというと、とても甘いイメージですよね?これはくるみの香ばしさや、クランベリーの酸味と共に、キューブチョコレートのほんのりとした甘みで、食事パンとしても食べられるくらいです。

「スティック」各151円は、スティック状のパンにクリームやジャムがサンドされた菓子パン。定番は、「粒入ピーナツクリーム」と「あんバター」の2種類で、ジャムサンドは季節により替わります。たいていクリームやジャムサンドスティックパンに使用されるのは、砂糖の入ったコッペパン。しかし「クリケット」では、イギリスパンの生地でできているので、生地が甘くありません。

土日限定販売の「くるみとクランベリーのフランスパン」432円、ハーフ216円も評判です。酸味がとがらないように、クランベリーを2か月間も漬け込んでいるので、ふっくらやわらかくまろやかな甘酸っぱさが特長。しっとりやわらかなフランスパン生地に、このクランベリーがたっぷりと練りこまれていて贅沢で、断面が華やかなパンです。

私のおすすめパン

「クリケット」のパンの中から私のおすすめを3品ご紹介します。


「白ゴマ発芽玄米ブレッド」1斤302円は、白ゴマや発芽玄米が練りこまれた食パンです。そのまま食べても美味しく、トーストするとさらに白ゴマや発芽玄米の香ばしさがアップして、何も付けなくても十分美味しい。どうやらこのパンにはファンも多く、東京や川崎に住んでいて南房総に別荘を持っている方や、遠方の方も月に1回まとめて買いにくるらしい。

「ベーコンチーズパン」388円は、私の2歳の子供がとても気に入っています。普段自分から「このパンが食べたい!」と言わないし、食べる量もムラがあるのですが、このパンだけは別でした。買って帰った時には、見つけて「これ食べる!」と自分で袋から出して食べ、一緒に買いに行った時は、「これ!」とパンを指さしました。「おいしい!」と連呼して、3分の1くらいの大きさをペロリと完食。このベーコンチーズパンは、ほどよい塩加減で味わい深いです。

「塩レーズンロールパン」172円は、先日再発売したばかり。トレンドの塩ロールパンのなかにレーズンペーストがたっぷり入っています。このレーズンペーストも、店での手作りです。2か月間ワインで漬け込み、先日やっといい具合に漬け込みができたので、販売できるようになったそうです。

レーズンというと、ラム酒で漬け込むことが多いですが、ツンとしたアルコール臭が苦手な人も多いのではないでしょうか。「クリケット」では、ワインで漬け込んで味をまろやかに仕上げるこだわりがあります。生地の塩味とレーズンの甘みのバランスが絶妙で、クセになる味わいです。

まとめ

家族で食べられるように、「クリケット」の食パンやプチパンなどの食事用パンには、卵を使用していないそうです。
また、店内の一角にイートインスペースがあり、購入したパンを食べられます。小さな子供連れの利用が多いそうですが、学生や大人も店を出て近くの路上で食べるなら、ここを利用することをおすすめします。なぜなら…トンビやカラスにパンを持って行かれてしまったのを、奥様は何度も目撃したと話していました。

南房総のパン屋めぐりは続きます。また美味しいパンに巡り会えますように・・・

クリケット
所在地:千葉県鴨川市八色284-10
TEL:047-094-4510
営業時間:10:00~18:30 日曜日10:00~17:00
定休日:月・火曜日
webサイト:なし
駐車場:店の前 約3台

 この記事を書いたのは…

choco-love
choco-love
東京都中野区出身。
2016年春に夫のサーフィン好きから出産と同時に、神奈川県川崎市から南房総市に移住。初めての子育てと慣れない田舎暮らしに、1年以上悩みました。
長年してきたスイーツの企画の仕事もしづらくなり、知り合いも少なく孤独を感じることもあったときに、試しに参加してみた南房総市主催「新しい働き方講座」で、WEBライターについて学ぶ。講座で互いに学び合い、支え合う仲間と出会えたことで、ここでの生活が楽しくなってきました。

仲間から教えてもらった南房総の魅力を知る一方で、地域課題について関心が高まりました。南房総に移住してきて、都会との感覚の違いや、情報の少なさ・古さに気づき、自分たちが感じた不便さを少しでも解消できたら、きっと誰かに喜んでもらえる…。そんな思いで、『南房総ex-press』をつくりました。

-グルメ
-, ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.