南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

海水浴場オープンまで待てない!泳がなくても楽しい海遊びを南房総で

62 views / 更新日:

もうすぐ夏!とはいえ、海水浴場のオープンにはまだまだです。
でも、多少肌寒くても子どもは海が大好き!そんな子どもと一緒に楽しめる海遊びのポイントを地元ママが紹介します。観光旅行でも、ちょっと海に寄って遊ぶといい思い出になりますよ♪

砂浜で遊ぼう!

遠浅で波が穏やかな内房と呼ばれる東京湾に面したエリアでは、砂浜遊びがオススメです。
波打ち際で波とたわむれたり、砂浜に木の枝などで大きなお絵かきをしたり、砂山を作ったり、穴を掘ったり…。
砂浜に打ち上げられた貝殻や流木、シーグラスを拾い集めるビーチコーミングは大人にもオススメ。
シーグラスは、ガラスの破片が波にもまれて角が丸くなったものですが、曇りガラスのような風合いがおしゃれで、インテリアとして特に人気。思い出のお土産にもピッタリです。

ビーチコーミングにピッタリのスポットは、鋸南町にある勝山海水浴場。
シーグラスがたくさん拾えると地元で人気のスポットです。

 

磯で遊ぼう!

波打ち際に岩場が多い外房と呼ばれる太平洋に面したエリアでは、磯遊びがオススメです。
磯では、ヤドカリやカニ、小さな魚やエビなどを見つけることができます。潮が引いて、岩の穴に小さな水たまりができている場所は生き物がいる可能性大!
よーく目をこらして覗いてみましょう。自然の中の水族館に、子どもも大人も夢中になってしまいますよ。
靴は必ず履いて、マリンシューズなど滑りにくいものがベストです。

磯遊びにピッタリのスポットは、南房総市千倉町にある「道の駅ちくら潮風王国」。
道の駅の建物から少し下ったところに広い磯が広がっています。比較的大きな岩が多く、平らな部分も少しあるので、磯に慣れていない子どもも楽しく遊べますよ。
疲れたら施設内で休憩もできるので、旅行中に立ち寄るのもオススメです。

子どもと一緒の海遊び、注意点は?

海は楽しいですが、子どもと一緒の場合は、気をつけることもあります。
まず、子どもから目を離さないこと。
次に、長時間遊びすぎないこと。熱中症や日焼けのしすぎにつながるので、こまめに水分を取ったり、日陰で休憩したりしましょう。子どもは夢中になると時間を忘れてしまうので、大人が声をかけることが大切です。
それから、特に磯は潮の満ち引きに注意が必要です。岩の上で遊んでいていつの間にか潮が満ちて取り残されていた、とならないように、海の様子を観察しながら遊びましょう。

また、水を入れたペットボトルがあると、サッと砂や海水を洗い流せるので便利。着替えもできるだけ用意しましょう。汚れを気にせず遊ぶことができますよ。

まとめ


いかがでしたか?
海水浴でなくても楽しい南房総の海遊び。
子どもと一緒にぜひ楽しい思い出を作ってくださいね!

 この記事を書いたのは…

フジイ ミツコ
フジイ ミツコ
山口県出身。

フォトライター。
南房総の海辺に夫婦で移住し10年ほど。
ふたりの子どもに恵まれ、その子どもたちがつなげて広げてくれるご縁を大切に、彩り豊かな南房総ライフを楽しんでいます。
南房総の素晴らしいロケーションを活かしたフォトグラファーとしても活動中。

-親子
-, , , , , , , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.