南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

「穴場」と呼んでいいでしょう! 魚見塚一戦場公園(鴨川市貝渚)

43 views / 更新日:

魚見塚一戦場(うおみづかいっせんば)公園は、ちょっとした穴場です。

広々とした芝生広場や魚見塚展望台など、ふらりと立ち寄って1時間ほど過ごすのもよし、お子さん連れでゆっくり半日過ごすのもよし。

体力に自信のない方でも、ゆるりとプチ森林浴、ミニハイキングを楽しめます。

(館山方面からのアクセス)

(1)国道128号(外房黒潮ライン)「曽呂十字路」の信号を右折

(2)県道89号を400mほど進んで左折 ※大きくはありませんが手書きの看板があります

(3)300mほど進むと、手書きの看板があります。そこを左折

(4)300mほど進むと、また手書きの看板があります。右側の道をあがってまもなく駐車場の入り口があります

芝生広場とセンターハウスで一息

芝生広場の脇にセンターハウスがあります。

中は休憩所になっていて、トイレもありますのでここで一息入れるのも良いかも知れません。

(トイレは展望台の下にもあります)

また「一戦場の由来」を書いたパネルが掲示されていますからご一読を!

簡単にまとめるとこんな感じです。

今から八百数十年ほど前のこと。
石橋山の戦いに敗れた源頼朝(みなもとのよりとも)がこの土地に逃げてきました。
なんと遠路はるばる伊豆の真鶴半島から海を渡り山を越えて、ここにたどりついたのです。
(多分)やれやれ、と一休みしようと思ったところ、地元の豪族である長狭六郎常伴(ながさろくろうつねとも)に襲われました。
長狭六郎常伴は、平家の臣だったからです。
しかし、頼朝は戦って常伴を打ち破りました。
この件が史料に記されていたことから、地名に「一戦場」が残ったそうです。
頼朝にしてみると、敗走してきた先での試練に打ち勝ち、その後態勢を立て直して天下をとる先がけとなった勝ち戦でした。

……そんなことに思い馳せると歴史のロマンを感じますね。

芝生広場にあるスーパースライダーは残念ながら現在使えず、いまのところ修理の見通しは立っていないとのことでした。

魚見塚展望台に向かいましょう。

芝生広場から魚見塚展望台へ向かいます

芝生広場から魚見塚展望台まで、ゆっくり歩いて10分程度。

途中、「『嶺岡牧』と『大浦木戸』について」という、この地の歴史について書かれた案内板があります。

要約すると……

ここ一戦場が位置するのは嶺岡山系の東端。
戦国時代には里見氏の軍馬育成のための牧場があったところです。
時代が下って、江戸時代の八代将軍吉宗の時代から営まれたのは酪農。乳牛はインドから輸入されました。

……ご存知でしたか?

そうした歴史の知識を得て、当時の様子をありありと思い浮かべてみると楽しいですよね。

誓いの丘って?

魚見塚展望台のある丘は「誓いの丘」という名前がついています。

魚見塚展望台の「魚見塚」は、かつて漁師たちが沖合にくる魚の群れを見張っていたことから付けられた名前。

現在、展望台には「暁風(ぎょうふう)」という名前の乙女像が立っています。

この乙女は、仏の化身で、暁の潮風に吹かれているとされています。

展望台の入り口近く、また展望台下には「誓いの場」と書かれたフェンスにたくさんの鍵がつけられています。

これは何でしょう?

いつからか「暁風」の前で恋人同士が誓いをたて、その証としてふたりで鍵をかけていくと「幸せが未来へ続く」と言われるようになり「誓いの丘」と呼ばれるようになりました。

房総半島ならではの景観が楽しめる魚見塚展望台

魚見塚展望台からの眺めです。

これぞ、太平洋。手前には鴨川松島や仁右衛門島などが並びます。

山側は広く続く房総丘陵。ぐるりと360度の展望が楽しめます。

大きくは「関東平野」に含まれる房総半島南部ですが、このように前は海、後ろは山、という美しい景観がみられるところが多いのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのまま浅間神社、八雲神社へ

展望台の左手に下がると、浅間神社、八雲神社へと続きます。

浅間神社までは4、5分。そこから八雲神社へはさらに5分程度。スニーカーであれば問題なく上り下りできますが、パンプスだと歩きにくいと思います。

八雲神社まで行ったら、来た道をもどる他、境内脇から左手に細い道をあがっていく道があります(展望台入り口の少し手前のトイレのところにでます)。

その道で鹿の姿をみかけました。そういえば芝生広場から展望台までの遊歩道の脇の木立の奥に子鹿の姿も見えました。

見た目はかわいらしい鹿ですが、野生動物。遭遇時には十分お気をつけください。

実は年中無休! ライトアップされる展望台を見に行きませんか?

魚見塚展望台は毎夜、ライトアップされます。

展望台までの階段はフットライトで照らされており、安心して登れます。

鴨川市街が眼下に、海の夜景が堪能できます。月明かりの夜、星がきらめく夜は最高でしょうね。

まとめ

この公園は、駐車場、展望台とも常時開いています。

昼も夜も楽しめ、歴史のロマンも感じられる魚見塚一戦場公園。

「暁風」と一緒に太平洋からの風に吹かれてみるのはいかがでしょうか。

※情報はすべて2019年6月現在のものです。

魚見塚一戦場公園
千葉県鴨川市貝渚3310
年中無休
※展望台の夜のライトアップも年中無休。ただしライトアップの時間帯は日没時間に合わせ、調整されます。
6月1日現在は18時30分から22時まで。冬場は16時くらいから。
詳しくは下記までお問い合わせください。
鴨川市役所 建設経済部 都市建設課 都市整備係
TEL 04-7093-7835 FAX 04-7093-7856

 この記事を書いたのは…

あわみなこ
あわみなこ
千葉県松戸市出身
長らく東京でOLをしていましたが、2014年に東京から南房総市へ移住。今は、パソコン個人指導、事務代行、ホームページの作成、クラウドソーシングなど、できることはなんでもやってサバイバル中。
「自分が自分のボスであること」をモットーに日々過ごしています。
ライターの仕事を通してこの地域はもちろん、世界中の人々とつながって生きていきたいと思っています。趣味はブログ、ヨガ、読書など。
(Webサイト)
◆南房総極楽日記 ~Good-by 東京 Go Go 和田町!~
http://minamiboso-country-life.com/
◆あわみなこパソコンサポート
http://awaminako.com/
◆~今日も断酒天国~アルコール依存症ぴなこ「今日一日」のためのウェブサイト
http://recovery-from-alcoholism.com/

-フォト記事
-, , , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.