南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

道の駅「枇杷倶楽部」でいちご狩りを楽しもう!

48 views / 投稿日:

2月になるとスーパーでいちごがたくさん並び始めます。
あま~い、いい匂い!いちごの時期がやってきました。
南房総では、いちご狩りができる場所がいくつかあります。

その中で、道の駅とみうら「枇杷倶楽部」のいちご狩りをご紹介します。

いちご狩りはどこでできる?

枇杷俱楽部裏の川を渡るとハウスが並んでいます。
いちご狩りはこの中で行っています。

ハウス内にはいちごがたくさん!

入ってすぐ左側に受け付け場所、中央にはテーブル席、左右にいちごが栽培されているハウスがそれぞれあります。

ハウスに入るとすぐにあかあかとしたいちごが目につきます。

どれもおいしそう!そしてひと粒が大きい!

いちごの品種が分かるように、いちごが実っている場所と同じところに看板があります。

あきひめ、紅ほっぺ、やよいひめ、桃薫(とうくん)、モモコ、チーバベリー、恋みのり、エンジェルエイト、あかねっ娘。
取材時は2月下旬、9品種のいちごがありました。

食べ比べをして、楽しむこともできますね。

コロナ禍で今までと違ういちご狩り

いちご狩りをする前に、マスクを着用し、検温、消毒、手袋をします。
摘み取ったいちごを入れるパックを持って、ハウスへ。

摘み取ったいちごを食べるときは、中央のテーブル席で食べます。

練乳は自分で用意します。

お持ち帰りプランも!いちごの摘み取り

摘み取り専用の容器があり、この容器に入るだけ摘み取ることができます。

摘み取りの方はここで食べることはできませんのでご注意ください。

高設栽培のハウスもある

いちご狩りができる大きなハウスから少し歩いたところに別のハウスが。
高設栽培のハウスです。

お持ち帰りのいちごの摘み取りの時に開けるそうです。
高設栽培なので腰あたりにいちごがたくさん実っていました。

いちごは5品種。あきひめ、紅ほっぺ、やよいひめ、恋みのり、モモコ。

いちご狩りもできる「枇杷倶楽部」ってどんなところ?

房州名産のびわの商品が中心に売られている道の駅です。食べ物から日用品まで、たくさんのびわ商品がありますよ。

建物内にはカフェもあり、食事をすることもできます。建物の外には花壇がたくさんあり、色とりどりの花が植えられていました。

取材時(2月下旬)、枇杷倶楽部裏の川岸には、菜の花や咲き始めた桜を眺めることもできました。

花を見ながらゆっくりと散歩すれば、気分も明るくなりますね。

まとめ

いちご狩り食べ放題プラン、いちご摘み取りお土産プラン ともに予約の方優先となります。
当日枠がある場合もありますが、事前に電話で確認することをおすすめします。

いちご狩りは5月上旬頃まで楽しめる予定だそうです。
マナーを守って、いちご狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

いちご狩り食べ放題プラン
https://www.mboso-etoko.jp/cgi-bin/co_shisetu/view/status3.asp?id=47

高設ハウスでいちごの摘み取り(お土産)プラン
https://www.mboso-etoko.jp/cgi-bin/co_shisetu/view/status3.asp?id=316

枇杷倶楽部の営業時間は、新型コロナウィルスの影響により短縮している場合があります。
ご確認のうえ、おでかけください。
http://www.biwakurabu.jp/index.html

“TURN 南房総” でもいちご狩り情報を載せています。
ぜひご覧ください。
https://mina-pre.chiba.jp/turn-minamiboso/archives/1389

 

 この記事を書いたのは…

福美
福美
千葉県南房総市出身。
南房総市で生まれ育ち、就職を機に一度は離れるも、結婚を機にまた戻ってきました。
いろいろな場所に住みましたが、ここが一番住みやすい!
今は山と海に囲まれたこの地で自然を満喫しながら、二人の幼い子どもを育て中です。
春はお弁当持ってピクニック、夏は暇さえあれば海へ、秋は散歩しながらドングリ拾い、冬は自宅の庭で凧あげ!
そんな日常を過ごしています。
子どもを持つママ目線で、この地の良さを伝えられたら良いな~と思います。

-フォト記事
-, , , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.