南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

【写真を撮りたくなる南房総】水仙×鋸南町佐久間ダム

88 views / 投稿日:

南房総の冬を象徴する花、水仙。12月になると、道端にもその愛らしい姿を見せてくれます。南房総では、南房総市富山地区や鋸南(きょなん)町が有名。多くのハイカーやカメラマンが集まるスポットが点在しています。

特に、鋸南町の佐久間ダム(をくずれ水仙郷)は人気のスポット。
数えきれないほどの水仙が、独特の甘い香りとともに斜面一面に咲き乱れる様はまさにフォトジェニック。
散策場所も多く、ウォーキングにもピッタリです。
水仙の咲く佐久間ダムを写真とともにご紹介していきます。

いざ、佐久間ダムへ

佐久間ダムへは、館山市街から車で約40分。最寄りのインターチェンジは鋸南富山で、そこからは約10分ほどで到着します。

佐久間ダムの入り口はこの看板が目印。をくずれ水仙郷の中に佐久間ダムがあります。
車を停めるなら、散策場所が多いダム湖畔がオススメ。かわいらしい看板を頼りに、ダム湖畔へ下りましょう。

どこを向いても水仙が!お気に入りの水仙を写真に撮ろう♪

車を降りると、さっそく水仙のなんとも言えない甘い香りが漂います。辺りを見渡すと、どこを向いても、水仙の白い愛らしい姿が。

休憩所隣の駐車場の向かい側は丘になっていて、斜面一面に水仙が咲き乱れ、丘の上には「花みくじ」という花言葉を使ったおみくじも。

他にも、ダムにかかる橋を渡った先にはお花見広場。そこからダム湖へ降りると遊歩道があり、さらに奥へ。

湖側にはチラホラと咲き始めた梅と水仙のコラボレーション。山側には高台に上る階段があり、その斜面も水仙で埋まっています。

道に沿って並ぶ水仙を水仙と同じ目線で撮影したり、キラキラと輝く水面を背景に撮影したり、お気に入りの水仙写真がきっと撮れるはずです。

足をのばして季節限定のおしゃれカフェへ

水仙の撮影を満喫したら、少しだけ足を延ばして少し奥にある季節限定のカフェへ行ってみましょう。目印はオシャレなこの看板。ダム沿いに進むと、見えてくるのは小さなお店。ここが、藁珈琲洞(わらこーひーどう)アトリエtsugihagiです。

古い集会所を手作りでリノベーションしたという店内は、ぬくもりにあふれたオシャレな空間。コーヒーの焙煎を店内でおこなっているので、いつもコーヒーのいい香りが出迎えてくれます。
楽しめるのはコーヒーだけでなく、コーヒーにぴったりのおやつやランチが用意されています。どれも、体に優しいほっこりとした味わい。そして、どれもレトロでオシャレな食器で提供されるので、ここでも写真を撮りたくなること間違いなしです。
水仙の咲く12月中旬から桜が終わる4月ごろまでの季節限定オープンなので、気になった人はぜひ早めに足を運んでみてください。

まとめ

佐久間ダムは、水仙の写真を撮るならここ!と迷わずオススメできる場所。甘い香りを楽しみながら、愛らしい水仙を写真におさめてみませんか?
きっとすてきな冬の一日になりますよ。

 この記事を書いたのは…

フジイ ミツコ
フジイ ミツコ
山口県出身。

フォトライター。
南房総の海辺に夫婦で移住し10年ほど。
ふたりの子どもに恵まれ、その子どもたちがつなげて広げてくれるご縁を大切に、彩り豊かな南房総ライフを楽しんでいます。
南房総の素晴らしいロケーションを活かしたフォトグラファーとしても活動中。

-フォト記事
-, , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.