移住して4回引っ越し、南房総市内で4軒の家に住んでみた(前編)

私が移住したのは、南房総市白浜町。

もともとホテル従業員の寮だったという場所が、シェアハウスのようになっていました。

シェアハウスといってもユニットバス付きのワンルームで、洗濯機は1階に共同のものが。

人によっては電気製品を使って部屋で調理していたようですが、私は共同の台所部屋を使用。

家賃は月2万円+電気代(メーター有)、共同の台所部屋代が月6000円くらいだったと記憶しています。

広い庭も自由に使え、大家さんの許可を得れば畑も使えました。

畑

シェアハウスの庭と畑

知人が住んでいた場所で、部屋に空きがあるのを知っていた私は直接大家さんに交渉し、入居。

地元のスーパー「おどや」や、高速バス停は徒歩圏内。

便利な場所だけど、周りは田んぼで、季節の変わり目を身近に感じられる環境でした。

家からの眺め

シェアハウスから見える景色

あの家で辛かったことといえば、房総特有の西風。

室内で過ごしていると、ビュンビュン吹き荒れる風の音がずっと耳に入り、ストレスを感じたことも。

 

理想の家を探すためにとりあえず入居しただけなので、すぐに家探しをスタート。

理想の家の条件は以下の通り

・平屋一戸建て

・日当たりがよい

・庭と畑がある

・家賃3万円以内

・ハンモックスペースがあれば最高!

 

人に会うたびに「家を探しています!」から入って、理想の家の条件を伝えていました。

不動産屋を回って家を探すという考えは全くなく、とにかく人づてが大事だと思い、理想の家を口にしていたのです。

そして、地元の人が紹介してくれたのが、条件を全てクリアしていて、すぐにでも入居可能な家。

日当たりのよい縁側付き、3間続きの部屋。

その後ろに2部屋。キッチンダイニングルームと、増築した眺めのいい洋室も。

敷地内で家庭菜園できるスペースがあり、周りは田んぼや畑、蛍が舞う環境でした。

天日干しの風景

近所では、天日干しをしている田んぼが多かった

シェアハウスは海寄りでしたが、2軒目の家は白浜の中でも山側エリア。

ときには猿の集団を目撃したり、イノシシに出会ったりしたことも。

同じ白浜町でも、こんなに環境が違うんだなぁとびっくりしつつも、海と山の両方を存分に楽しみました。

 

3軒目の家は、南房総市外。

もちろん、理想の家の条件は全て満たしていて、土地の広さでいえば何倍も広い山付きの家を紹介されました。

 

2軒目の家のとき以上に、サルやイノシシと日常的に出会う環境。

個人的な理由で、急遽その家を出ることになり、またまた私の家探しがはじまったのです。

後編につづく

なべたゆかり

なべたゆかり

熊本生まれ、兵庫育ち。 国内・外を放浪したあと、2011年1月南房総に漂着。 築百年余りの古民家を改修しながら、犬とヤギとの生活を満喫中。 田んぼや畑だけでなく、イベント出店やライター業など、“暮らしから生まれる百の仕事をこなす”立派な百姓を目指して活動中。 ◆安房暮らしの日常ブログ https://awaawalife.com/ ◆安房暮らしFB https://www.facebook.com/awakurashi/

あわせて読みたい