まずは宿泊で田舎暮らし体験のススメ(6)ル・ファーレ白浜

南房総には、オシャレな外観を持つ家や別荘、お店がたくさんあります。家主のこだわりがつまった建物は眺めているだけでもテンションが上がりますよね。
マイホームを持つなら、オシャレな家にしたい!という人も多いでしょう。今回は、オシャレなリゾートコテージ「ル・ファーレ白浜」をご紹介します。

有名建築家が手掛けた洗練された空間を独り占め

ル・ファーレ白浜には、独立した三つのコテージがあり、いずれも有名建築家が設計を担当しています。広々とした室内は厳選された家具が配置され、シンプルながらもオシャレな空間。驚くほど大きな窓やデッキからは川や海が見え、ロケーションも抜群です。
写真撮影に使われるほど洗練された空間を宿泊で独り占めできるのは、とても贅沢な体験ですよ。

少人数でも大人数でもOK

コテージは一棟貸しですが、2人からでも利用可能です。特別な二人の旅行や家族旅行にピッタリ。また、1棟で最大17人まで、3棟合わせるとなんと最大42名まで宿泊可能なので、団体宿泊にもおすすめです。
もうひとつ、特長的なのはどのコテージにも防音の音楽スタジオが完備されていること。アーティストはもちろん、音楽を楽しむ仲間同士の連泊も多いそうです。
屋根付きのBBQデッキ、キッチンも完備されているので自炊もOK。食事つきのプランも用意されています。

暮らすように過ごしてほしい

ル・ファーレ白浜を経営しているのは、音楽やイベントのプロデュースもおこなう山口惠子さん。以前ご紹介した南房総の復興ソングも手掛けています。
山口さんに、ル・ファーレ白浜をどのように楽しんでほしいか、質問してみました。
「ル・ファーレ白浜は、お仕着せのプランではなく、自分が本当に好きなことをして過ごす旅、そんな『ル・ファーレスタイル』をご提案しています。
波音、川のせせらぎ、小鳥の声や風の音といった『自然のリズム』を感じられるこの場所で、何かを一身に創作したり、心や身体をゆっくりと癒したり、旬の味覚をじっくりと味わったり… 海辺の一軒家で暮らすように、大切な人とゆったりとした時間を過ごしていただきたいです」

まとめ

スタイリッシュな空間と南房総白浜の抜群のロケーションを満喫できるとあって、リピーターが絶えないル・ファーレ白浜。自然の美しさを活かしたオシャレなマイホームで過ごす移住者も少なくない南房総で、まずは泊まって楽しんでみませんか?

公式HP http://le-phare.jp/

フジイ ミツコ

フジイ ミツコ

山口県出身。 フォトライター。 南房総の海辺に夫婦で移住し10年ほど。 ふたりの子どもに恵まれ、その子どもたちがつなげて広げてくれるご縁を大切に、彩り豊かな南房総ライフを楽しんでいます。 南房総の素晴らしいロケーションを活かしたフォトグラファーとしても活動中。

おすすめ