南房総で癒される・足圧セラピーhay flower(ヘイフラワー)

南房総には、仕事や育児で疲れたときにセラピーやマッサージなどの癒しを気軽に受けられる場所が多数あります。「南房総で癒される」と題して、それぞれの店主が作り上げる癒しの空間を紹介していきます。

今回紹介するのは、足圧(そくあつ)セラピーhay flower。店主の初山直子さんにお話を伺いました。

 

 

セレクトショップhay flower店内に足圧セラピールームが誕生

JR千倉駅から徒歩5分の場所にある古着と雑貨のセレクトショップhay flowerは、市内はもちろん市外や県外からもお客が訪れるお店です。店内に入ると、個性的な洋服や雑貨たちが所狭しと並んでいる片隅に、セラピールームの入り口がありました。

 

セラピールーム

落ち着いたグリーンの壁には、木彫りで縁どられた鏡とアイアンのフックが。簡単な照明器具と、足圧セラピーを施すためのマットが敷かれています。もともとストックルームとして使われていた部屋を、初山さんがDIYでセラピールームに仕上げました。

 

足圧セラピーって何?

「足で全身をもみほぐし、高いリラクゼーション効果を得られます。手のひらの大きさの2倍あると言われている足裏を使って優しく圧迫することで、毛細血管や筋肉を痛めることなく細かい部分まで刺激できます。またもみ返しが起こりにくいので、ご年配の方、女性にもお勧めです」と初山さん。

 

出張足圧セラピーの様子

出張足圧セラピーの様子

 

私も実際に受けてみましたが、うつ伏せから始まり左右横向けに寝た後仰向けの状態でたっぷり1時間もんでもらいました。そのもみ方は、足で行っているとは思えないほど丁寧で、重たかった体がふわっと軽くなりました。

完全予約制で、hay flower店内以外に南房総市、鴨川市、館山市内への出張も行っています。

 

きっかけは新型コロナウイルス感染症

初山さんが足圧セラピーを始めたのは、新型コロナウイルス感染症の影響がきっかけでした。2020年4月に緊急事態宣言が出され、営業を自粛して時間はある。特別定額給付金の支給もあったので、これらを有効活用して足庄セラピーの資格取得に充てたのです。

 

足圧セラピスト資格修了書

 

どんな状況下でも、今できることを見つけて行動する初山さんの今後の目標を聞いてみました。

「足圧セラピーを受けると楽になることを、できるだけ多くの人に知ってもらいたいです。コロナが落ち着いたら千倉にあるホテルのメニューにも加えてもらって、より多くの人に体験してもらえるようにしたいです」

 

足圧セラピーhay flower(ヘイフラワー)情報

セレクトショップhay flower入口

料金

60分3000円 延長15分800円

 

出張費

1名1000円(2名以上の場合は1名500円)

 

予約受付時間

9:00~11:00(hay flowerのみ)

17:00~21:00(訪問&hay flower)

※訪問の場合男性のみは不可(カップル・ご夫婦の場合は可)

※電話以外に下記FB、インスタのDMでも受付ます

 

電話

090-4222-2077

 

住所

南房総市千倉町瀬戸2439-1

 

Hay flower サイト:http://hayflower2008.blog.fc2.com/

facebook:

https://www.facebook.com/Hay-Flower-%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC-416243585056964

インスタグラム:https://www.instagram.com/hay_flower_naoko/?hl=ja

 

なべたゆかり

なべたゆかり

熊本生まれ、兵庫育ち。 国内・外を放浪したあと、2011年1月南房総に漂着。 築百年余りの古民家を改修しながら、犬、猫、ヤギとの生活を満喫中。 田んぼや畑だけでなく、イベント出店やライター業など、“暮らしから生まれる百の仕事をこなす”立派な百姓を目指して活動中。 ◆安房暮らしの日常ブログ https://awaawalife.com/ ◆インスタグラム https://www.instagram.com/awaawa_life/?hl=ja

おすすめ