移住のハードルを越えろ!【住宅編】~中古住宅のススメ~

田舎でゆっくりすごしたい。

自然の中で子供を育てたい。

最近はそんな想いから「田舎への移住」を考える方が増えてきています。

南房総は海と山に囲まれながらも都内へのアクセスが良く、移住に人気の地。
仕事の関係で全国を転々としていた私も、最終的に定住の地に選んだのが生まれ故郷の南房総でした。
しかし、いざ南房総に住もうと決めるといくつかのハードルが…!

今回は、「住む場所」についての私の選択をご紹介します。

 

賃貸?新築?中古?自分のライフスタイルに合わせて選ぶ

まず私が迷ったのが、「賃貸に住む」か「家を購入するか」でした。
もし私が1人暮らしだったら、気軽に入居できる賃貸を探したと思います。
しかし、私には幼い子供と犬と猫、という賑やかな同居人たちが。
ある程度の広さとペットOKの2つの条件を満たす物件は、どれも予算オーバー。
いくつもの不動産屋で相談しましたが、条件に合った物件はなかなか見つからず…。

こうなったら!と一大決心し、家を購入することを決めました。
そしてまたぶち当たったのが、予算の壁。
できることなら新築を、と思っていましたが土地+新築の費用は予算的にどう頑張っても手が届かず断念。

そこで私がたどり着いたのが「中古住宅の購入」でした。

 

中古住宅も種類はいろいろ

「中古住宅って古いし、リフォームにお金がかかりそう。」

そんなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実は掘り出し物の宝庫なんですよ!
南房総は移住ブームのずっと前から別荘地としても人気で、 別荘用に建築したきれいな家が空き家として売りに出ることも多いんです。 また、田舎暮らしを満喫したい方には古民家の購入もおすすめ。
古いからこそ味のある古民家は、都会にはない田舎ならではの掘り出し物です。

お買い得な中古住宅は売りに出るとすぐになくなってしまうので、私は不動産屋のHPを毎日チェックしていました。

そんな中、私が出会ったのが別荘として使われていた5LDKの中古住宅。
築30年以上の物件でしたが、壁や床などのリフォームが済んでいて、価格は新築の半額以下!
庭つきなので子供も犬も遊べる!と見学に行って数日で購入を決めました。

余った予算でDIYの楽しみも

中古住宅を選択したことで、当初考えていた予算を大幅にカットすることができました。
リフォーム済みの物件でしたが、水回りや玄関など1部を業者に頼んでリフォーム。
フルリフォームではなかったのでこちらも費用を抑えられました。
余った予算は趣味のDIYに回して、マイホームづくりを楽しんでいます。

 

自作のウッドデッキ

 

漆喰風塗り壁に挑戦!

 

「中古」という選択

私が南房総に暮らすために選択したのは「中古住宅」でした。
もちろん、ライフスタイルに合わせて賃貸や新築もおすすめですよ。
中古住宅は低予算で移住の夢を叶える1つの選択肢だと思います。
私の体験談が、南房総への移住のハードルを越える助けにになれば嬉しいです。

あやの

あやの

南房総市出身 房総生まれ房総育ちの生粋の房総人。 動物大好きで犬・猫・こどもと一緒にまったり田舎生活を満喫中。 休日はペットや子供と遊んだりDIYをして楽しんでいます。

おすすめ