南房総をウォーキングで楽しむ!千倉エリアのオススメコース

健康維持やリフレッシュに人気のウォーキング。自然の多い南房総にはウォーキングにおすすめのコースがたくさんあります。今回は千倉エリアにしぼっておすすめコースをご案内します。

アクセス◎ 海沿いをウォーキング

まずは海のコース。
千倉エリアでウォーキングの起点としてオススメなのが、千倉駅をはさんで東側に位置する瀬戸浜海水浴場と西側に位置する南千倉海水浴場。どちらにも広い駐車場と公衆トイレがあるので便利です。
さらに、このふたつの海水浴場は海沿いの遊歩道でつながっているので(一部橋を渡ります)、気軽なウォーキングにピッタリ。
遊歩道を往復すると約4キロ。1時間弱で歩くことができます。
車の多い県道410号と並行していますが、防風林が間にあるので、子ども連れや犬連れのウォーキングも安心。
砂浜に降りて、砂や海で遊ぶ子どもも少なくありません。大人も素足になって、砂浜を歩くのも楽しいですよ。
早朝には水平線から登る朝日が見え、南千倉海水浴場周辺ではサーファーの姿を見かけることができる、千倉らしいウォーキングコースです。
ただし、風が強いには砂が飛んでくるので注意してください。

森林浴でリフレッシュ 山深い古道をウォーキング

もうひとつのコースは山。千倉エリアは海が目立っていますが、低いながらも山もあるのが特徴です。
紅葉や桜で有名な山中の名刹・小松寺(リンク)を起点に「大貫古道(おおぬきこどう)」と呼ばれる山道を歩きます。
小松寺から山道にすぐ入り、ゆるやかなアップダウンを繰り返しながら山を散策して「乙王の塚(おとおうのつか)」を目指し、林道へ降りてくる約6キロのルートは、山登り感覚で楽しめます。地域団体により整備されていますが、ところどころ足場が悪かったり、木が倒れていたりするので注意してください。


アスファルトの林道と山道を少し歩いて逆回りで「乙王の塚」を目指すルートは約2キロで、手軽に森林浴が楽しめます。林道は車がたまに通るので注意してください。
「乙王の塚」からは、北側の山の連なり、館山方面の海と富士山を眺めることができますよ。
途中のまっすぐに伸びる杉や立派な太い竹、苔むした岩肌など、歩きながら目も癒され、リフレッシュできるウォーキングコースです。

フジイ ミツコ

フジイ ミツコ

山口県出身。 フォトライター。 南房総の海辺に夫婦で移住し10年ほど。 ふたりの子どもに恵まれ、その子どもたちがつなげて広げてくれるご縁を大切に、彩り豊かな南房総ライフを楽しんでいます。 南房総の素晴らしいロケーションを活かしたフォトグラファーとしても活動中。

おすすめ