四季を楽しめる古刹・小松寺に親子で行ってみよう!

海のイメージが強い南房総ですが、山の中にも良いところがたくさんあります。
その中でも今回は、季節ごとの景色が美しい山の中のお寺「小松寺」をご紹介します。親子で散歩もおすすめですよ。

南房総定番の紅葉スポット

地元で小松寺といえば、定番の紅葉スポットです。
南房総は温暖な気候で紅葉する場所が少ないため、11月下旬~12月の紅葉シーズンは多くの人でにぎわいます。境内を囲む立派なモミジが赤く色づき、お寺の雰囲気と相まって秋の深まりを感じさせてくれますよ。七五三の撮影にも使われています。

穴場!?のお花見スポット

境内の向かい側には池があり、その周りは桜に囲まれています。
花はもちろんですが、散った花びらが浮かぶ池も情緒があります。池にはコイやカメがいるので、子どもも楽しめますよ。

緑の美しい夏と冬

初夏は、新緑がまぶしく、さわやかな空気で包まれます。
苔むした大木が多くそびえ、川のせせらぎや鳥の声も聞こえるこの空間は、まさに癒しです。真夏でも緑が濃くひんやりとしていて、クールダウンできますよ。

冬は清廉な空気がただよい、常緑樹の緑と澄んだ青空のコントラストが美しく、散歩にピッタリです。 運が良ければ、副住職の猫(!)ちゃんに会えるかもしれません。

まとめ

小松寺は、三芳地区から白浜地区へ南下するグリーンラインから車で3分ほど入った場所にあります。車で境内のすぐそばまで行くことができるので便利です。駐車場とトイレもきちんとあるので安心ですよ。
5月には花祭り、11月にはもみじ祭りが行われるのでそのタイミングでおとずれるのもおすすめです。 小松寺に足を運んで、親子で四季を感じてみませんか?

小松寺HP https://www.komatsuji.jp/

フジイ ミツコ

フジイ ミツコ

山口県出身。 フォトライター。 南房総の海辺に夫婦で移住し10年ほど。 ふたりの子どもに恵まれ、その子どもたちがつなげて広げてくれるご縁を大切に、彩り豊かな南房総ライフを楽しんでいます。 南房総の素晴らしいロケーションを活かしたフォトグラファーとしても活動中。

あわせて読みたい