南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

デートや記念日に行きたいイタリアン「CaSa」(鴨川)

309 views / 投稿日:

デートや大切な記念日に、「何食べたい?」って聞かれたら、もちろんその時の気分にもよるけれど、女性なら「イタリアン」って答える人が多いのではないでしょうか。
ただ単にピザやパスタが食べたいというわけではなく、デートや記念日ともなれば、やっぱりお店の雰囲気や料理の美味しさも期待するので、お店選びは重要です。

南房総にも、そういったシーンに使えるイタリアンは何軒かありますが、今回はJR安房鴨川駅から徒歩でも行ける「CaSa(カーサ)」をご紹介します。

地下個室あり!女子会・パーティ・こども連れでもOK!

国道128号外房黒潮ライン沿いにあり、看板も目立つので見つけやすく、お店の前を車で通るたびに以前から気になっていました。お店の方によると、私と同じく“知ってはいたけれど、数年間入ったことがなかった”というお客様が多いらしい。というのも、一度行ってみると少し納得。通りから見えている建物はお店ではなく、看板とエントランスだけで、奥に店舗があるからです。店内の様子がうかがえないため、初めて来たときには少し躊躇(ちゅうちょ)してしまうのかもしれません。

店内は、落ち着いたシックな雰囲気で、テーブル席は隣の席との間に間仕切りがあるため、プライベート空間を大切に食事が楽しめます。

 

 

 

昼間は窓越しにお庭のグリーンを眺めながら、リフレッシュできて、夜は間接照明を使った大人のムード。

また、地下にも部屋があり、女子会やパーティをする個室として貸切予約ができます。初めて行った日は、じっとして食べていられないこども連れでしたが、ちょうど地下の部屋が空いていたので、貸切状態で使えました。

実はスゴイ!シェフの経歴

「CaSa」のオーナーシェフである中澤直貴さんは、かつて東京・広尾にあり絶大な人気を誇ったリストランテ「ACCA(アッカ)」にて修行した一人。この「ACCA」は、2001年にグルメぴあが出版した「東京最高のレストラン」で第一位を獲得しましたが、その後シェフのご家庭の事情で閉店した名店です。

中澤さん自身も、2009年に出版された雑誌「料理王国」の「料理界の未来を創る若き才能105人」に選出されています。また、ソムリエとバーテンダー資格も取得されているので、「CaSa」では料理にあったお酒も楽しむことができます。

中澤さんの出身は茨城県ですが、両親が南房総を好きでこどもの頃からよく遊びに来ていたそうです。海や山、気候やのんびりとした雰囲気が好きで、自身に合うと感じこの地で働いているという話をしてくれました。

内容充実のランチセット

ランチタイムには、お得なランチセットがオススメです。
●お手軽ナポリタンセット 1,080円(デザート・ドリンク付き)
●おすすめカーサ創作ランチセット 1,706円(デザート・ドリンク付き)
手打ちピッツァ4種または、パスタ20種の中から1種を選べます。(パスタの場合は自家製パン付き)
さらにランチは、サラダがサービスで付きます。

今回は、おすすめカーサ創作ランチセットの中からパスタをチョイスしました。

サービスで出てきたサラダにビックリ!ボールにレタスやトマトがたっぷりと盛られています。シャキシャキと新鮮で歯ごたえのよいレタスに、甘くてプリっと張りのあるトマトに相性のよいドレッシングが野菜の美味しさを引き立てます。

このお店で使う野菜は、地元の方が心を込めて作った新鮮なものを仕入れているそうです。

選んだパスタ「CaSa特製ボンゴレ」の塩味は、千葉県産の「ホンビノス貝(白ハマグリ)」が豪快に盛られています。プリっとした貝の身の味わいと旨味が塩味のきいたオイルソースと共に、アルデンテのパスタと絶妙に絡みます。

このお店のパスタは、断面が四角い手打ち平麺風で、初めて食べたときは、まるでそばみたいな食感だと感じましたが、ソースの絡み具合や独特の食感が魅力的です。

ランチのデザートも、この日は3種類から選べて、私は「パンナコッタ」にしました。バニラが香るとろーりなめらかな「パンナコッタ」と、完熟のジューシーなメロンがお皿に盛られてきました。お昼からちょっぴり贅沢な気分が楽しめること、間違いなしです。

モッチモチ手打ちピッツァ

ディナーは、アラカルトの他にコースもあります。シェフのきまぐれで何が出てくるかお楽しみの、超お得価格の前菜や、黒板に書かれた限定メニューなど、通常メニューに載っていないものも見逃し厳禁ですよ。

ディナータイムは、パスタが大盛無料サービス。さらに多いファミリー盛りは、こども連れの家族限定サービスで、お得に食事ができます。ディナーの平均予算は、飲み物込みで大人1人4,000円くらいです。

シェフがソムリエとバーテンダーということもあり、ワインやカクテルの種類も豊富です。

しかし今日はお酒の気分ではなかったので、ノンアルコールを注文しようとするとオススメされたのが、「CaSaオリジナルノンアルコール果実シャンパン」(写真左)。季節の果物であるスイカがたくさん入った華やかな見た目のドリンクが登場し、「わぁー」っと歓声を上げました。スッキリした甘さとさっぱりとした炭酸が心地よいです。

 

 

黒板に書かれている隠れ人気メニューという「厚切りベーコンソテー」ハーフサイズ1080円は、ハーフサイズというのにボリューム満点。ベーコンでもしつこい脂っぽさはなく、ジューシーな肉の旨味と香りが口いっぱいに広がり、かけてあったソースも絶品で、パンに付けて残さず食べきる美味しさでした。

そしてこのお店で必ず食べるべきメニューといえば、手打ちピッツァです。シェフ独自のレシピで2日間じっくり熟成させた生地から作る、モッチモチ食感の本場ナポリタイプのピッツァ。

今回食べたのは、ピッツァの基本ともいえる「マルゲリータ」1080円。ピッツァにしては珍しい細長い形で出てきました。聞くと以前は円形で出していたけれど、美味しい外側の所を残してしまう人がいて残念なので、工夫してこの形にしたそうです。

実際食べてみると、この形は食べやすく、トッピングがこぼれ落ちてしまうなんて心配もありません。ふっくらモッチモチのピッツァ生地は、小麦の味わいも深くじんわりと旨味が広がっていきました。

まとめ

店名の「CaSa」とは、「くつろぐ、家、家族」という意味があるそうです。だから大人のムードできちんとした料理やお酒を出すレストランであるにも関わらず、こども連れもOKとのこと。ママになっても、たまにはオシャレなお店でイタリアンを楽しみたいですよね。それが叶うお店がここ「CaSa」です。デートや大切な記念日には、とくにオススメ!
料理やお酒は、何を頼んでもどれも間違いなさそう…お酒がすすむ濃いめの味付けではあるけれど、全般的に美味しいです。ぜひ一度行ってみてください。

CaSa
営業時間:ランチタイム 11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナータイム17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:日曜日
TEL:04-7093-0358
所在地:千葉県鴨川市横渚143-1
公式サイト:なし
特記事項:駐車場 店の前に5台
地下個室の貸切は事前に予約が必要です。

 この記事を書いたのは…

choco-love
choco-love
東京都中野区出身。
2016年春に夫のサーフィン好きから出産と同時に、神奈川県川崎市から南房総市に移住。初めての子育てと慣れない田舎暮らしに、1年以上悩みました。
長年してきたスイーツの企画の仕事もしづらくなり、知り合いも少なく孤独を感じることもあったときに、試しに参加してみた南房総市主催「新しい働き方講座」で、WEBライターについて学ぶ。講座で互いに学び合い、支え合う仲間と出会えたことで、ここでの生活が楽しくなってきました。

仲間から教えてもらった南房総の魅力を知る一方で、地域課題について関心が高まりました。南房総に移住してきて、都会との感覚の違いや、情報の少なさ・古さに気づき、自分たちが感じた不便さを少しでも解消できたら、きっと誰かに喜んでもらえる…。そんな思いで、『南房総ex-press』をつくりました。

-グルメ
-, , , , , , , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.