「里と海の自主保育くじらぐも」①自然の中で仲間と子育て!

みなさまこんにちは!南房総市和田町在住の南芙蓉と申します。日々、二人の子ども(現在4歳と2歳)と自然のある暮らしを楽しんでいます。今回はこの土地で仲間と立ち上げた自主保育サークル「くじらぐも」について語りたいと思います。

 

 

「地元の自然で思いっきり遊ぶ」そんな子育ての場が作りたかった

 

南房総で生まれ育った夫と結婚し、彼の実家の隣に家を構えて、まる5年になります。移住した当初は仕事をしていたこともありますが、「友達」と呼べる人もほとんどいませんでした。

でも、自分に子どもができたら、「自然の中で遊ぶなにかの団体」を始めようとはずっと決めていました。きっかけは、前職の自然学校で、親子を対象にした森のようちえんに携わっていたことでした。自然の中で子どもが感性をひらいていく瞬間、未知へ一歩踏み出す瞬間、そしてお母さんたちがふっと日常から離れ、自然のおおらかさに身を委ねる美しい瞬間が、心から離れませんでした。

そんな夢を共有できる仲間と出会い、一人目となる娘の出産を機に2016年4月「里と海の自主保育 くじらぐも」を立ち上げました。主に就園前の子どもと親を対象に、地域の山=里と、ここに住んでいたら必ず関わる環境=海をフィールドに、親子で遊ぼうという趣旨です。

くじらぐもの一日はこんな感じです。過去に素敵な記事していただいています。

●お母さんの輪で創る、自然を活かした子育ての場/里と海の自主保育くじらぐも【無印良品 ローカルニッポン】

 

自然の「遊び方」+「遊ぶ場所」+「遊ぶ仲間」というサークルができた

 

私は子どもが自然で遊ぶことはもちろんですが、子どもを遊ばせる「親」がまずは自然で遊ぶことが大事だと思っています。親が、自然でこんな遊びをしたら楽しい!と「遊び方」を知っていること、そして、地元にこういう遊び場がある!と「遊ぶ場所」を知っていること。そんな体験をくじらぐもで共有できたらと思っています。

 

 

今年で四年目になり、メンバーはだんだん増えて、今では60組ほどの親子がグループに加わっています。ママたちは多才で、カメラマン、絵やデコレーションが得意な人、お料理教室の先生、保育士、ヨガの先生…と、そこからいろんな企画ができたりもしています。グラフィックデザイナーのメンバーがこんな素敵なチラシを作ってくれたりも!

 

 

くじらぐもの活動の様子は、里編と海編に分けて、次回お伝えしますー!

●里と海の自主保育 くじらぐも
https://www.facebook.com/awanephowhale/

アバター

南 芙蓉

秋田県出身。 生粋の房州人である夫と結婚し、2014年から南房総市民に。自然学校でずっと働いてきましたが、現在は二人の育児に没頭中。子どもとママを対象にした自主保育を立ち上げ、仲間と一緒に自然を楽しむ活動をしたり、 家族で海へ山へキャンプへと出かけたり、毎日が夏休みみたいな(笑)南房総ライフを送っています。 そんな中、たくさんの人に、特に都市部に住む人に、体験してほしい南房総の自然がある、と強く意識するようになりました。私も大学で上京した際、都市の楽しさと同時にストレスを痛感した人の一人。南房総があなたのオアシスになれば嬉しいです。

あわせて読みたい