南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

和田浦を歩こう! 夏の”くじらのまち和田浦”堪能プラン

172 views / 更新日:

和田町在住のあわみなこです。
今回は「おんだらん(我々の)町、和田浦」の歩き方をご紹介します。
和田浦にはおしゃれなカフェも、人目をひく観光地もありません。
交通の要所である館山駅や安房鴨川駅からも40~50分かかり、交通の便もイマイチ。
都会からくるお客様の大半はサーファーのみなさま。

しかし、おしゃれカフェも観光地も別に要らないではありませんか!
車で来ていただけるし、内房線も1時間に1本やってきます。
鯨(くじら)があがる和田漁港、そのとなりに海水浴場、それを守るように鯨山(くじらやま)が控えています。
空気はいいし、海はきれい。夜は星空も美しい。

身軽な方なら半日、お子さま連れでも1日あれば車に乗ったり降りたりせず、プランAとB、続けて歩いてまわれます。ぜひ、おんだらん(我々の)町、和田浦へ!

プランA:和田浦海水浴場から竜宮社、和田漁港をぶらり

【和田浦海水浴場】

和田浦海水浴場は外房なので波が高く、遠泳はできませんが、水がきれいで磯遊びができます。
今年、2018年の営業期間は、7月21日(土曜日)から8月20日(月曜日)まで。

営業期間内(9時~17時)は若いライフセーバーのみなさんがしっかりと見守ってくれるので、指示には必ずしたがってくださいね!
海の家はありませんが、徒歩5分のところにコンビニがありますのでご安心ください。
無料の水シャワー、トイレもあります。

あまり混雑することもなく、穴場的な海水浴場です。
ぜひ、和田浦の浜辺を堪能してください。

(!!!こちらでも紹介されています!!!)
海水浴なら南房総!みなぷれ厳選海水浴場/グループ&カップル向け

(付記)

海開きに先立って7月13日(金)10時から、ひと夏の海の安全を祈願する神事が行われます。
地元の区長さんをはじめ、役割のあるみなさんが20名ほど参列し、神職が祈祷します。
シンプルな神事で、餅投げ、みかん投げ、直会(なおらい)等はありません。

 

 

【竜宮社】

和田浦の海岸を望めるベストスポットは、海水浴場の端に地元の方によって祭られた竜宮社です。高台からゆっくり太平洋を眺めましょう。

【和田漁港】

和田浦海水浴場の隣は和田漁港です。
この漁港は利用規模で「第2種漁港」に分類されています。
第1種漁港が「地元の漁業」、第3種漁港が「全国的な漁業」ですから、その中間くらいの規模なのですね。
よく手入れされた漁船が整然と並び、なかなか見飽きない光景です。

また、和田漁港は日本で4か所しかない捕鯨(ほげい)基地の1つです。
鯨(くじら)漁は期間と捕獲数が決められており、6月から8月にかけて26頭のツチクジラが捕れます。捕獲されたツチクジラは漁港に隣接する解体場で解体され、その様子を見ることができます。
詳しくは外房捕鯨のブログをご覧ください。

プランB:道の駅「和田浦WA・O!」から魚伴(うおばん)を横目に和田浦駅まで

道の駅「和田浦WA・O!」の入り口にはシロナガスクジラの骨格標本があり、記念撮影にもってこいです。
夜もライトアップされていますので涼みがてら眺めにくるのもいいでしょう。

また道の駅と同じ敷地内に「鯨資料館」があります(シロナガスクジラの骨格標本のすぐ後ろが入り口です)。
鯨についての資料館はめずらしく、また貴重な資料が保管されていますのでお見逃しなく。

さて「和田浦WA・O!」は「道の駅」です。道の駅、といえば道路施設として国土交通省に登録されており「道路沿いの、車のための施設」というイメージが強いのではないでしょうか。
ところが「和田浦WA・O!」はれっきとした道の駅でありながらも「鉄道(駅)のすぐ近くにある」という全国的にも珍しい特徴があります。敷地のすぐ裏を内房線が走っているのですが、残念ながら、いちど国道にでて踏切を渡らないと和田浦駅にでることができません。
せっかくですから線路を渡って山側を散歩してみませんか?

国道128号線にでて館山方面に少し歩き、踏切を渡って右に曲がりますと左手に魚伴(うおばん)という魚屋さんがあります。ここの魚やお刺身、干物は地元でも「とてもおいしい」と評価が高く、ぜひお刺身を召し上がっていただきたいのですが店先に並ぶのは午後3時近くになります。
小さなお店ですが、店頭に並ぶお魚を見るだけでも心弾みますよ。

魚伴を過ぎて最初の路地を左に曲がるとつきあたりが「熊野神社」。
この神社は村社で毎年10月には、お祭りが盛大に執り行われます。参道を通って階段を登ると小さなお社があり、緑の木陰も涼しくて気持ちよいので、ここで一休み。プチ森林浴を楽しみながら、海を眺めてはいかがでしょう?
管理は地元住民で行っています。一休みさせてもらったらぜひお賽銭を。

熊野神社から魚伴の前を通る道に戻り、左手に進みますと右側に和田浦駅が見えてきます。
大きなソテツの木が目印です。和田浦駅は2017年4月から無人化され、少し寂しく感じます。

 

 
【お昼ご飯を食べるなら】

私の家にお客様がきたときは魚伴のお刺身でご飯を食べていただくことが多いです。お散歩がてら外で食べるなら道の駅「和田浦WA・O!」の食堂にある「くじら給食」(648円)をいただくか、道の駅の前にある中華料理屋「叙香園」にお連れします。

まとめ

当初「和田浦の案内で記事が1本書けるかな?」と思ったのですが、書いてみますとやはり和田浦も「貴重な人生、その中の1日」を過ごすに足るすばらしい場所だと思えます。
本当は「花嫁街道ハイキングコース」のご紹介もしたかったのですが、現在、イノシシに出くわす可能性が高いので遠慮しました。

【More Information】

<和田浦海水浴場>
【所在地】〒299-2703 千葉県 南房総市 和田町仁我浦地先
【営業期間(2018年)】7月21日(土曜日)~8月20日(月曜日)
【営業時間】9:00~17:00
【駐車場】あり
【施設】トイレあり、水シャワーあり ※海の家はありません
【交通アクセス】
富津館山自動車道「富浦IC」より約18.5km、約30分
JR内房線「和田浦駅」より徒歩7分
【お問い合わせ】
南房総市観光協会 0470-28-5307
館山市内の海水浴場の情報(館山市ホームページより)

<クジラの解体>
外房捕鯨ブログ
・クジラの解体を見られる場所
解体作業の場所は和田漁港の端の方にある解体処理場です。
千葉県南房総市和田町和田662-12の付近(http://goo.gl/maps/PHMoR)
車は水路挟んで西側の埋め立て地に停められます。

道の駅「和田浦WA・O!」
【所在地】千葉県南房総市和田町仁我浦243
【電話】TEL:0470-47-3100

<中華料理屋「叙香園」>
【所在地】〒299-2703 千葉県南房総市和田町仁我浦245
【営業期間】11:00~14:00、17:30~22:00 火曜日定休
※営業時間、定休日については2018年6月28日に確認しましたが「どうしても行きたい!」方はあらかじめお問い合わせしておくと安心です
【電話】: 0470-47-4105
【Webサイト】なし

 

 

 

 この記事を書いたのは…

あわみなこ
あわみなこ
千葉県松戸市出身
長らく東京でOLをしていましたが、2014年に東京から南房総市へ移住。今は、パソコン個人指導、事務代行、ホームページの作成、クラウドソーシングなど、できることはなんでもやってサバイバル中。
「自分が自分のボスであること」をモットーに日々過ごしています。
ライターの仕事を通してこの地域はもちろん、世界中の人々とつながって生きていきたいと思っています。趣味はブログ、ヨガ、読書など。
(Webサイト)
◆南房総極楽日記 ~Good-by 東京 Go Go 和田町!~
http://minamiboso-country-life.com/
◆あわみなこパソコンサポート
http://awaminako.com/
◆~今日も断酒天国~アルコール依存症ぴなこ「今日一日」のためのウェブサイト
http://recovery-from-alcoholism.com/

-観光
-, , , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.