南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

もう一つの実家のように、くつろげる宿|魚拓荘鈴木屋(南房総市)

75 views / 更新日:

千葉県の内房・外房のいいとこどりの南房総市千倉地区。白い砂浜の長い海岸線がつづき、青い海が広がるこの地区は、黒潮の影響で新鮮な魚介が豊富です。

この千倉で明治32年に創業し、とれたての新鮮な魚を提供することに定評のある宿「魚拓荘鈴木屋(ぎょたくそうすずきや)」があります。その「魚拓荘鈴木屋」に地元民ながら宿泊する機会に恵まれ、実際にその美味しい料理を満喫しました。その体験をお伝えいたします。

 

大小さまざま、館内を彩る魚拓。珍しい多色づかいの魚拓も

いにしえの港町の面影を残す千倉地区。活気あふれる漁師町で、「魚拓荘鈴木屋」は古くから漁業に関わる人たちの交流拠点であったといいます。

宿の玄関を入ると、まず目に飛び込んでくるのは、大きく立派な魚拓。フロントに掲げられたものだけでなく、奥には魚拓ギャラリー、小ぶりなものが客室にも。大小さまざまで、色々な種類がそこかしこに飾られています。魚拓というと、一色刷りをイメージしますが、こちらの魚拓は魚独自の色を鮮やかに再現した多色づかいのものも。目にも楽しい、こころに栄養を与えてもらえるような、作品の数々です。

昔、祖母が住んでいた家のタイルがこんな感じだったなと、懐かしく思い出す造りが、宿の至る所に。歴史を感じさせる館内をゆっくり歩いて、魚拓を眺めたあと、早めのお風呂につかり、客室でのんびり。この“何にもしない贅沢な時間”は、“休日の至福”です。

 

とれたて!活きのよい魚介に舌鼓

ゆったりとした時間を過ごした後は、お待ちかねの夕食です。新鮮な魚介をふんだんに使った料理がところ狭しと並びます。夕食は人数によって、お部屋食か個室のお食事処でいただきます。宿泊した当日の刺身は、アジ・タイ・カンパチ・マグロでした。

 

今回は品数が控えめのヘルシープランを選んで宿泊しました。それでも大満足の量で、後半はおなかがいっぱい。最後まで目にも鮮やかに楽しむことができました。 このヘルシープランは、平日限定です。

 

特筆すべきは、漁獲量日本一を誇る房州エビ(イセエビ)の具足煮。具足煮とは、イセエビなどの甲殻類を殻つきのまま、さっと煮つけたもの。鎧(よろい)や兜(かぶと)をさす“具足”。殻をその具足に見立てた料理だとのことです。(お料理内容は、季節や仕入れの関係で、急きょ変更になる場合があります。掲載したメニューは、取材時のものです。)

 

ワインアドバイザーのアドバイスによる豊富なドリンクのラインナップ

ここ「魚拓荘鈴木屋」は、食事と一緒にいただけるお酒の種類も豊富です。房総の純米酒のほか、魚拓荘オリジナルの焼酎、ワインやスパークリングワインなど豊かなラインナップ。それもそのはず、地元・千倉で酒店を営む「青木屋」さんのワインアドバイザー資格を持つ方からのアドバイスをもとにセレクトしているそう。お食事処だけでなく、もちろん客室でゆっくりお酒を楽しむこともできます。公式Webサイトからの予約で、1室1本まで720mlのワインを持ち込めます。お酒好きには、魅力的なサービスですね。

 

朝のすがすがしい光に、気さくな仲居さんの温かいもてなし

朝食もお食事処でいただきました。朝から元気で気さくな仲居さんとの雑談も楽しく、ご飯をお替りしてしまいました。この地域のおすすめ情報を仲居さんに伺うと、現地ならではの耳より情報を聞けるかもしれませんよ。

 

まとめ

ちなみに千倉まで公共交通機関を利用する場合、JR内房線特急「さざなみ」に乗り館山駅経由で千倉駅。JR外房線特急「わかしお」で安房鴨川駅、そこからJR内房線に乗り換えて千倉駅へのアクセスがあります。現在(2018年7月)、電車を利用する場合は、外房線経由の方が便利なようです。東京駅からは高速バスで、館山駅行または、安房鴨川駅行もあります。安房鴨川駅行の高速バスは、浜松町駅からも乗車できます。

これから、夏はますます本番!夏の休暇に、南房総のくつろぎの宿を訪れてみてはいかがでしょうか?

南房総・千倉 魚拓荘鈴木屋
〒295-0011 千葉県南房総市千倉町北朝夷2801
電話:0470-44-2811
Webサイト:http://www.gyotakuso.com/

 この記事を書いたのは…

七海(ななみ)
七海(ななみ)
千葉県館山市出身

下町ではホッピー通りなどで、ガヤガヤ楽しむざっくばらんなコミュニケーションを知り、はたまた緑の多い高原では、自然の雄大さをゆったり受け入れる生活を満喫。その時々で、空気のようにその土地になじむ元々の性質から、いろいろな地に住んだり、旅したりしました。今は南房総で、この土地ならではの面白さを発信したいと思っています。

-観光
-, , , , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.