南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

ブルーベリー狩りに行ってきた!「コロコロ農園 庄兵衛」千倉町

126 views / 更新日:

みなさん、フレッシュ(生)のブルーベリーを食べたことがありますか?
季節になると南房総の道の駅や直売所、スーパーでも見かけることができます。
ケーキ屋さんではタルトのトッピングとして乗っていたりします。

今回筆者が初体験をしてきた、貴重なブルーベリー狩りができる「コロコロ農園 庄兵衛(しょうべい)」をご紹介しましょう。

いざ!ブルーベリーの山へ潜入

安房グリーンラインの途中を曲がり、県道188号線を進むと、道沿いの曲がり角にかわいい看板がひとつあらわれます。

進む道は車が一台通れる幅なので注意が必要です。
「まだ先?この道であってる?」不安になりつつも勇気をもって進みましょう!
しばらく行くと、ブルーベリーの木とのぼり旗が見えてきます。

見渡すかぎり山、田畑。自然がいっぱいの里山農園です。
8年ほど前から竹林を開墾(かいこん)して平地にした畑は5反歩(1反=畳600畳分)。
壮大な敷地に500~600本のブルーベリーの木を植えています。

今年やっと開園にこぎつけたそうです。

駐車場横の平地の畑は、車椅子の方でも楽しめるように木と木の間隔を十分に取りスムーズに移動できるように配慮されています。

さあ!オーナーの木曽さんの案内でブルーベリー畑がある山奥へ出発!
時々、猪(イノシシ)が出没するほどの山の中。 急な坂道もありますが、筆者の2歳の孫も登ったので大丈夫!元気に登りましょう!

しばらく歩くとブルーベリー畑が目に飛び込んできます。
太陽の光をたくさん浴びた丸々とした実がいっぱい!

みなさん、ブルーベリーの木を見たことがありますか?

私、木になっているブルーベリーの実を見るのは初めてなんです。
宝石をちりばめたように、たわわに実を付ける様子は見事です。感動!
(いくつになっても初めての体験は興奮しますね!)

 

初体験!フレッシュ、ブルーベリーを採ったよー!

青紫色の熟した実を採りましょう!
実の表面を覆う白い粉状の油脂は農薬ではなく天然物質で無害。コロコロ農園は無農薬で育てているので安心です。

一粒口に入れると「甘い!ブルーベリーってこんなに甘いの?」
ブルーベリーってもっと酸っぱい果物と思っていました。
甘さの違いは肥料にあるそう!十分に手を掛けて育てた木は、こんなにもおいしい実をつけるのですね。

ブルーベリーの種類は200種あまりあるそうですが、コロコロ農園では9種類が植えられています。 品種によって、粒の大小、少し酸味があるもの、甘味が濃いものなど色々。

オーナーの木曽さんがお勧めを説明してくださるのですが、自分ではみんな同じ種類の木に見えてしまいます。正直食べてみないと味の違いがわかりません。(笑)
品種によって、そのまま食べる、加工する(ケーキ・ジャム・ジュース 等)用途によって選ぶと良いようです。

広い畑を好きに移動して、自分好みを探してみましょう。

500円玉ぐらいの大きさになる品種もあるそう!見つけられたらラッキー!です。

 

コロコロ農園お楽しみ情報

お好みの品種を好きなだけ摘み取り、お土産にしてみましょう。
手作りジャムやジュース、ヨーグルトにそのままトッピング、格別な味わいです。

 

料金(ブルーベリー狩り入園料)

大人(中学生以上)¥500
子供       ¥300
幼児       無料

※持ち帰り100g 200円

コロコロ農園では、ブルーベリーだけではなく、春は菜花の摘み取り、秋は栗・銀杏拾いも楽しめるそうです。
また、現在20本ほど植えてあるアーモンドの木を50本まで増やす計画もあります。
桜と同じ季節にピンク色の花を咲かせ、8~9月に実が採れるそうです。
年間を通して暖かい南房総だからこそ栽培できるのでしょうね。

まとめ

コロコロ農園は、完成された他の観光農園とはちょっと違います。必要以上に手を加えていないからこそ、ありのままの自然、ありのままの南房総を体験できる場所になっています。
都会の子供達にも十分な自然体験ができることでしょう。

【コロコロ農園 庄兵衛】
開園時間:10:00~15:00頃
ブルーベリー狩り開園期間:7/15~8月下旬
不定休
TEL:090-6105-0633
要予約:電話でお問合せください。
南房総市千倉町大貫1347
駐車場有(大型車の侵入はできません)

※山の中なので、長袖長ズボン・歩きやすい靴又は長靴(雨上がり時)
虫よけ対策は忘れずに!

【コロコロ農園からのお知らせ】
みなさまに、お配りしました案内チラシに誤りがありました。
記載されている、携帯番号が間違っていました。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

正:090-6105-0633
よろしくお願い致します。

 この記事を書いたのは…

原みりか
原みりか
茨城県出身。
「いつか、海が見える場所で暮らしたい!」ついにその夢が実現。2017年2月南房総鴨川市に移住しました。毎日、大きな青い海に癒やされています。
年に数回は訪れるほど南房総大好きな私が、移住の決め手となったキーワードは「食、花、温泉、海、自然」
自分の体験とともに、南房総の魅力を発信できたらと思います。

-観光
-, , , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.