南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

生活密着型の癒やし処「アロマ&リラクゼーション フリージー」<前編>

243 views / 更新日:

南房総市和田町在住、あわみなこです。
実は五十路(いそじ)のワタクシ、ここ十数年はヨガやアロマセラピーなど、心身の健康を整えるものに興味をもち、多少学んでまいりました。
ところが、東京から南房総市へ移住してから、心身ともどもめっきり健康になり、セラピーへの関心も薄らぎました。
40歳をすぎた頃から絶えなかった病院通いもなくなり、長く続けたカイロプラクティックや鍼治療ともすっぱり縁が切れたからです。

そんな中、2018年4月、この南房総ex-pressがオープン。
「このまま調子が悪くならなければ、他の望みはない」という思いが「自分の心身はできるだけ自分で整えて、目一杯、働きたい」という思いに変わってきました。

もともと興味があったセラピー分野、これから当地で活躍中のセラピストを探してご紹介できればと、筆をとりました。
何名かの方に心当たりがありますが、今回は「アロマ&リラクゼーション フリージー」のオーナーセラピスト、中山五枝子(なかやま さえこ)さんをご紹介します。

「フリージー」オーナーセラピスト、サエさんはこんな人

「アロマ&リラクゼーション フリージー」(以下、フリージーと略)オーナーの中山五枝子さん、通称「サエちゃん」または「サエさん」。
ここではサエさん、と呼ばせていただきます。

サエさんは東京生まれの東京育ち。
OL時代、趣味のウィンドサーフィンをしに、館山通いを続け、結婚と同時に館山に移り住みました。不動産会社勤務、化粧品の訪問販売と仕事も変わり、3人の子育てに励む中、「いっぱいいっぱいになってしまって」(ご本人談)育児ノイローゼ気味に。
ちょうどその頃、仕事上の必要もあって習っていたリフレクソロジーのレッスンで精油の芳香に出会い、アロマセラピーにハマります。そして気づいたのは、「まずは自分が良い状態にならないと!」ということでした。夫や子どもたちに良くしてあげられるのはその後だ、と。
サエさんは、仕事でも実生活でもアロマセラピーを使うようになり、資格習得のための勉強もはじめました。実地での経験を積みながら友人を集めて講習会のようなものを開いたりしているうちに、公民館で講座を開くまでになりました。覚えたことをすぐに活かし、惜しみなく人に分かつのはサエさんの美点です。
懸命に学んだ努力が実って日本アロマコーディネーター協会(JAA)のアロマコーディネーター・ライセンス認定試験に合格。「アロマコーディネーター」の有資格者となります。その後も怠ることなく勉強し続け、インストラクター、認定加盟校資格も取得しました。
仕事は順調に増え、平成19年(2007年)、現在の店舗でフリージーを開業。サロン(ショップもあります)とアロマコーディネーター養成講座のスクールを兼ねています。

 

生活密着型アロマセラピー ~アロマは日常でフツーに~

セラピスト、サエさんの姿勢には2つの特徴があります。
ひとつは生活密着型のアロマセラピー、リラクゼーションを伝えていること。
もうひとつは、トリートメントは技術だけでなく「その人の抱える問題そのものをとらえて一緒に対処の仕方をさぐることだ」という寄り添い方です。

【生活密着型のアロマセラピー】

サエさんはヨガも長く勉強されているので、アロマとヨガを組み合わせたり、精油をつかったグッズ作りを中心としたり、さまざまな形でアロマを生活に取り入れる手立てを講習しています。

例えば「ヨガ&アロマ体験」といえばどのようなクラスを思い浮かべるでしょうか?

私なら、ディフューザー(香りを拡散させる道具)で精油を香らせた中で、女性たちがヨガのポーズをとっている様子が浮かびます。

ところがサエさんのクラスでは、いきなり洗面器が登場することがあります。
何がはじまるのでしょう?
まず、洗面器にお湯をはって精油を垂らします。参加者は顔を洗面器に近づけるように言われ、やおら頭からバスタオルをかけられてしまいます。
「なんだ、なんだ?」とビックリしますが、こうすると精油入り蒸気がたっぷり吸えるのです。爽快な気分になれましたでしょう?
お次は、残った精油入りのお湯にタオルをひたして湿布を作り、首や肩や目など思い思いの場所を温めます。ああ、気持ちよいこと。
湿布だけでなく、残ったお湯で手浴・足浴をすることもあります。
さらに「残ったお湯はお掃除に使えますよ」と親切な指導が。
精油入りのお湯にひたした雑巾でお掃除をするとよい香りがしますし、精油の中には消臭・殺菌に近い作用をもつものがあります。
ヨガと組み合わせるときには温湿布や手浴・足浴の後に、手や足をほぐすだけでポーズをとらない、誰にでもできるクラスにします。
公民館での講習の際「臭いなあ」と、のたまった通りすがりの中高年男性が、サエさんのクラスに取り込まれて参加、大喜びで帰っていったりも。

アロマセラピーで使う精油は、個人だと買うにも使い切るにも大変ですが、クラフト(グッズ作り)のクラスに参加すれば手頃な参加費でクリームやスプレー、入浴剤など、心躍るアロマグッズを手に入れることができます。サエさんはこうしたクラフトのクラスも得意で、依頼があれば店舗でクラスを開いています。
人気のクラスはフリージーオリジナル「まほうのクリーム」(30gで2000円)作り。サエさんに教わって作る「まほうのクリーム」、中身は参加してからのお楽しみ、です。

【予期せぬことに出会ったときはシフトチェンジのチャンス】

フリージーのサロンには、メンタルな不調、心身の持病を抱える方、さまざまなクライアントが訪れます。
不調を訴えるクライアントには、セラピストとしてできる対処をしつつ「予期せぬことが起きたときは、それがつらいことであってもシフトチェンジのチャンスですね」と一緒に立ち止まって分かち合います。
なんと、親・子・孫と3代に渡って関わっているクライアントもいるとか。

サエさんは自分の仕事が大好きです。
施術が終わったとき「え~! もう終わっちゃうの?」と言ってもらったり、「はあああああ~」と気持ちのよさそうなため息が聞こえたりすると心の底からこの仕事をしていてよかったと思います。
関わったクライアントだけでなく、誰に対しても「無理をしないでほしい、楽になってほしい」と思っており、予期せぬ不調にあったときはぜひ自分のところを訪れてほしいと、サロンでいつも待っています。

 

サエさん、夢を語る ~この土地で、ともに~

サエさんが今、思っているのは「後進を育てたい!」ということです。
この仕事ができる人が増えれば、サロンとしても仕事の幅が広がりますし、地元で自分の仕事が持てる女性が増えたらうれしいではないですか!
彼女と一緒に、学び、仕事をする方、フリージーはいつでも門戸を開いて待っています。

【More Information】

アロマ&リラクゼーション Freasy(フリージー)

【営業時間】
月曜~木曜日 10:00~17:00
金曜日 10:00~17:00と19:00~22:00
土曜日 13:00~17:00と19:00~22:00

※ショップでのお買物を含め、完全予約制です
※クラフトクラスは要予約。出張については応相談

【定休日】
毎週日曜日、祝日 他 不定休あり

【TEL】
090-4053-8606

【所在地】
〒294-0051 千葉県館山市正木787−23

国道127号バイパス富浦方面沿い左側。
目印は「ユニクロ」とラーメン店「豊楽」
(国道127号バイパス館山市街地から富浦方面へ向かって左側。ユニクロを過ぎてラーメン店「豊楽」を見つけ、店の手前の駐車場に入ってください。「豊楽」と同じ建物内にあり、駐車場も共用です)

【Webページ】
アロマ&リラクゼーション Freasy(フリージー)
http://www.freasy-hp.com/
【Facebook】
https://www.facebook.com/freasy.aroma/?ref=br_rs

 この記事を書いたのは…

あわみなこ
あわみなこ
千葉県松戸市出身
長らく東京でOLをしていましたが、2014年に東京から南房総市へ移住。今は、パソコン個人指導、事務代行、ホームページの作成、クラウドソーシングなど、できることはなんでもやってサバイバル中。
「自分が自分のボスであること」をモットーに日々過ごしています。
ライターの仕事を通してこの地域はもちろん、世界中の人々とつながって生きていきたいと思っています。趣味はブログ、ヨガ、読書など。
(Webサイト)
◆南房総極楽日記 ~Good-by 東京 Go Go 和田町!~
http://minamiboso-country-life.com/
◆あわみなこパソコンサポート
http://awaminako.com/
◆~今日も断酒天国~アルコール依存症ぴなこ「今日一日」のためのウェブサイト
http://recovery-from-alcoholism.com/

-暮らし
-, , , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.