南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

和の日フォーラム@ふさのくに with 天津神明宮おついたち市

82 views / 更新日:

10月1日が「和の日」として記念日に新たに制定されたことを記念して「和の心」を広めるべく、その原点である神社にて「和の心」を語らうフォーラムが2018年9月1日に全国初で開催されました。

神社巡拝サイクルツアーや、オリジナル制作の神話「古事記」の影絵上映、千葉県雅楽(ががく)会による雅楽演奏と演舞まで、「和の心」に親しむぜいたくなひとときとなりました。

第1部:めぐりあい

【神主さんとライドする、房総神社めぐりあい巡拝サイクルツアー】

今回はJR東日本千葉支社サイクルトレイン『B.B.BASE』とのコラボツアーとしても企画されました。

房総神社サイクルライド推進委員会』の岩井神社禰宜(ねぎ)川﨑さんと『南房総サイクルツーリズム協会』の瀬戸川さんが、両国駅で参加者を待ち受け『B.B.BASE』に同乗。総勢40名ほどにもなったそうです!

 

JR内房線和田浦駅から天津神明宮(あまつしんめいぐう)までの片道約20㎞と天津神明宮から勝浦市に鎮座する遠見岬(とみさき)・瀧口(たきぐち)神社の往復約45㎞を、安房(あわ)神社禰宜の岡嶋さんと天津神明宮禰宜の岡野さんを加え、3人の神職とともに自転車で巡拝しました。

神職による説明ガイド付きで、地元の神職ならではのポイントをまわれたと好評のコース内容だったそうですよ。

コース/(両国07:39発─『B.B.BASE』→和田浦10:43着→)ランチ&オリエンテーション@天津神明宮、14:00ごろ出発→誕生寺→おせんころがし→興津(おきつ)市街→鵜原(うばら)理想郷→16:00過ぎ遠見岬神社(→瀧口神社)→勝浦市街→興津市街→天津神明宮到着

※当日の様子は、9月12日放送のNHK『おはよう日本』にて紹介されました!

第2部:ひびきあい

【和の日トーク】

 

パネリスト/宮内淳さん(公益財団法人地球友の会代表理事・俳優) 成田均さん(館山市在住・ダイビングスクール代表・一般財団法人あわ理事長) ウィルチコ・フローリアンさん(オーストリア出身・野邊野神社禰宜) 平澤牧人さん(飯香岡八幡宮禰宜) 中嶋祐子さん(八坂神社宮司)

日本人が大切にしてきた「和の心」を世界に伝え、なかよく平和に暮らす世の中を実現しようと10月1日を「和の日」として制定されたそうです。

みなさんの「和の日」「和の心」にまつわる熱いトークが繰り広げられました。

【神話「古事記」影絵上映】

オリジナル制作の映像が、天津神明宮の氏子さんたちお手製のビッグスクリーンに映し出され、境内の虫の声とあいまってなんとも風情のある野外上映会となりました。

【雅楽演奏】

安房神社1300年祭でも演奏された千葉県雅楽会のみなさんのうち4名がいらして演奏されました。

雅楽器や演舞についてのミニ解説付きで大満足!

第3部:なおりあい 直会

みなさん境内でお好みのメニューをもとめ、飲食をともにしてご縁を深めました。

【西岬(にしざき)CAFE】

みなぷれのライター仲間の記事を読んでいたので、迷わず『あんこギッフェリ』220円と『チョコフレークバー』220円を注文しました。
ん~美味!!
ワタシはひと口ずつ…あとは息子がペロリとたいらげてしまいましたので、追加で、気になっていた『ミルクラテ』300円もオーダー。
やっぱり!こちらも美味でした!!

 

【笹谷窯SASAYA Cafe&夜麦(よもぎ)】

なんと『タロット占いのメイさん』がお手伝いでいらしたのですよ。(こんどきちんとご紹介しますね!)
並べているそばからパンが売れていきます。

わたしもかわいい『あんぱん』200円(さいごの1個!)をいただきました。

 

 

 

【トウタリング】

ふだんはロケ班などのケータリングをされて、無店舗なのだそうです。
今回こちらで食べられてラッキー!

奄美大島名物の鶏飯(けいはん)と台湾名物のルーローハンの二品、どちらも600円にて。

鶏がらスープたっぷりの鶏飯を初めて食べました。
絶品でした!!

 

さいごは神社から塩むすびがみなさんに振る舞われました。

まとめ

毎月恒例の朔旦祭※(さくたんさい)、フリーマーケット「おついたち市」にはじまり、11:00からは「和の日en-nichi」と銘打った昔遊び体験が袖ケ浦市商工会女性部、鴨川市商工会女性部、駄菓子屋じびき、千葉県隊友会の協力で提供されました。
ヨーヨー釣りやベーゴマ、めんこ、けん玉などのなつかしい遊びを体験できたようです。

※朔旦祭…その月の平穏無事を祈念する祭典

丸一日、盛りだくさんでにぎわった天津神明宮でした!!

和の日フォーラム実行委員会
(千葉県神道青年会・天津神明宮・公益財団法人地球友の会)
千葉県鴨川市天津2954
房州伊勢の宮 天津神明宮
http://www.shinmei.or.jp

爽快!自転車でめぐる南房総【房総神社サイクルライド推進委員会】

房州伊勢の宮 天津神明宮 毎月1日は「おついたち市」鴨川市天津

 

 この記事を書いたのは…

F. 敦子
F. 敦子
千葉県南房総市出身。
進学で上京し他県に嫁ぎ十数年前にUターン。以来、貴重な若手!?と重宝され(笑)地域のさまざまな集まりごとにお誘いいただいて忙しくも楽しい田舎暮らしをおくってきました。

平成29年度南房総市主催「新しい働き方講座」受講を機に、個性あふれる仲間たちとの運命的な出会いを得て現在にいたります。

-イベント
-, ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.