南房総ex-press -みなぷれ-

リア住ライター発信!南房総情報サイト

海遊び&キャンプするならココ!南房総のおすすめキャンプ場まとめ【2】

946 views / 更新日:

前回の記事では「キャンプと海あそびを最高に楽しみたい方へ…!」ということで、南房総が誇る海あそびのできるキャンプ場をいくつかおすすめしました。引き続き、各キャンプ場の特長と海あそびのポイント、そして気になるお風呂情報を、ローカル発でお届けいたします!!

ファミリーで快適に楽しむなら「人魚の湯 オートキャンプ場」

房総半島の先端を境に大まかに分けると、東京湾に面したエリアを「内房」、太平洋に面したエリアを「外房」と言います。こちらでは当然のように言われますが、私もこちらへ移住して初めて認識しました。内房の海は湾になっているので波が穏やかで、シュノーケリングやSUP(スタンドアップパドル)、シーカヤックにぴったり。逆に外房の海はうねりが大きく、サーフィンのスポットが多いという違いがあります。

さらに、南からの温かい黒潮がぶつかるこの半島の先端エリアでは、南からの熱帯魚が潮に乗っかってきます。初めて潜った方は「これが東京湾?!」とその種類の多さにびっくりすることでしょう。

内房に位置する「人魚の湯オートキャンプ場」は、キャンプサイトの目の前に「大賀海岸」があります。こことテントの間が、子どもが走ってすぐ行ける程度の距離感なのが魅力。市街地にありながら海あそびができるロケーションは、キャンプ初心者の方にもオススメです。

■キャンプサイト

・ 「旅館 海紅豆(かいこうず)」という民宿が敷地の一画で運営しています。芝生が美しい!!
・ 車乗り入れ可。電源付きサイトと、一般のサイトから選べます。
・ 海に近いところにバーベキューハウスがあり、雨の日でもお料理が快適にできそうです。

■ 海遊び

・砂浜、磯場、防波堤といういろいろな環境がコンパクトにまとまっており、小さい子どものいるファミリーでも目が届きやすいのでオススメです。防波堤では釣りも楽しめます。

■ お風呂

・キャンプ利用者はキャンプサイト内のシャワーが使えます。
・海紅豆内の「人魚の湯」(天然温泉)も利用できます。通常800円のところ、割引あり。 館山湾、天気がよければ富士山も望みながらの入浴ができます。

至福の絶景!房総半島の先っちょでキャンプ「お台場海浜庭園」

房総半島の最南端「洲崎(すのさき)」には観光でも訪れる人も多い洲崎灯台があります。そこを登ると展望台からの270度の海の風景が望めますが、半島の「先っちょ」に当たる所が何か公園のようになっているのに気づきます。そこが「お台場海浜庭園」、海を借景とする庭(想像ですが)のようなキャンプ場です。(入園料を払えばお散歩のみも可能)

三方に海を望めるという絶好のロケーション。照りつける太陽もすさまじい風も、荒れ狂う波も(笑)、自然のダイナミックさを感じるキャンプができます。キャンプ中級〜上級、海を愛する人にはたまらないキャンプ場です。

■ キャンプ場

・ 磯場に隣接した、海のお隣!のサイトと、少し高台にある海を見晴らせるサイトがあります。トイレが近いのは後者の方。
・ 民営で、同じ敷地内にある別荘も一棟貸ししています。
・ 夜は星空や漁火が美しく、伊豆大島の灯りまで見えます。
・ 天候によっては風をもろに受ける日も。テントの固定をしっかり。

■ 海遊び

・キャンプ場の北側から西側にかけての広大な磯場があります。タイドプールが無数にあり、子ども達が夢中になること間違いなし。
・ 岬という特性上、波が早くて危険。シュノーケリングや遊泳は禁止となっています。

■ お風呂

・手作りの貸切り風呂とシャワーがあります。 【貸切り風呂】大人600円、小人(3歳~)300円 【シャワー】大人300円、小人(3歳)150円
・ 館山方面(館山道 富浦IC方面)へ帰るなら、休暇村館山が近いです。 大人(中学生以上)800円、小人(4歳以上)500円

シンプルかつコンパクト。海の隣で楽しむ「江見吉浦オートキャンプ場」

こちらは外房・鴨川の江見(えみ)にあるキャンプ場。地元の吉浦区が運営しており、マイナーではありますが海に隣接したロケーションが素晴らしいです。 道の駅鴨川オーシャンズパークから海沿いの細い道をずっと辿っていきます。看板なども特になく途中不安になりますが(笑)、一本道なので迷わず行けると思います。

磯がメインなので、釣り好きの方にオススメです。子ども連れならとことん磯遊びが楽しめます。

 

■ キャンプサイト

・芝生が張ってあるサイト、少し奥に入った岩に囲まれたサイト(風をしのぐならこちら)、ゴツゴツした地面のサイトから選べます。
・トイレは仮設トイレ一つ。

■ 海遊び

・芝生のキャンプサイト(写真)から一段下ったところに磯場があります。 激しい波が押し寄せる外房にも関わらず、岩盤が広くひろがっており、波の影響を受けにくいようです。
・浜は少なく、シュノーケルには向きません。

■お風呂

・鴨川・太海に日帰り温泉がいくつかあります。「是空-ZEKKU-」はリゾートのような高級感ある温泉(日帰り1200円)。
安くて本格的な温泉を求める方には「こはら荘」がオススメ(500円)。

江見吉浦オートキャンプ場
※公式サイトなし

その他の南房総のキャンプ場

○館山シーサイドビレッジ
砂浜の波左間(はさま)海水浴場まで徒歩で行けます。キャンプ場内には農園もあり、季節ごとに違う体験ができます。 

 

○多田良北浜(ただらきたばま)海岸キャンプ場
GWの大型連休と夏休み期間にオープンする、砂浜のキャンプ場。予約なしで利用できます。

©南房総市

 

まとめ

いかがでしたか?これらの場所の本当の魅力は、ぜひキャンプしてあなたが体感してみてくださいね!!

<関連記事>

海遊び&キャンプするならココ!南房総のおすすめキャンプ場まとめ【1】

海水浴なら南房総!みなぷれ厳選海水浴場/ファミリー向け

海水浴なら南房総!みなぷれ厳選海水浴場/グループ&カップル向け

 この記事を書いたのは…

南 芙蓉
南 芙蓉
秋田県出身。
生粋の房州人である夫と結婚し、2014年から南房総市民に。自然学校でずっと働いてきましたが、現在は二人の育児に没頭中。子どもとママを対象にした自主保育を立ち上げ、仲間と一緒に自然を楽しむ活動をしたり、 家族で海へ山へキャンプへと出かけたり、毎日が夏休みみたいな(笑)南房総ライフを送っています。
そんな中、たくさんの人に、特に都市部に住む人に、体験してほしい南房総の自然がある、と強く意識するようになりました。私も大学で上京した際、都市の楽しさと同時にストレスを痛感した人の一人。南房総があなたのオアシスになれば嬉しいです。

-親子
-, , , , , , , , ,

Copyright© 南房総ex-press -みなぷれ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.